Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

モータースポーツ・モーターレーシングにおいて事故は避けることができません。

 世界で 最初の自動車レースでの死亡事故が起きたのは1898年5月1日のことでした。フランスのペリグーで行われたローカルレースで接触からマシンが転倒し、アンドレ・ドゥ・モンテニャック侯爵が亡くなったのが最初の事故死者とされています。「(モータースポーツの楽しみ」より)

 モータースポーツの歴史の中、数多くの有名・無名のドライバー達や、レースを支えるオフィシャルの方々、そして、時には観客が死亡する事故が発生しています。 近年、マシンやサーキットは安全化が図られ、重大な結果を招く事故は減少しつつあります。それでも事故は無くなりません。

 これまでのモータースポーツ(レース)の歴史の中で、不幸にも重大な事故に遭われた方たちのリストを作成しました。
モータースポーツで、これ以上の不幸な犠牲者を出さないことを祈念し、亡くなられた方々の冥福をお祈り申し上げます。また願わくば、モータースポーツを愛し情熱を捧げながら、不慮の事故にあった方々のことを、忘れないようにしたいと思います。

◆年代別一覧ページ

  主な犠牲者
1949年以前 マルセル・ルノー、アントニオ・アスカリ 他
1950年代 アルベルト・アスカリ、ピエール・ルヴェー 他
1960年代 浮谷東次郎、ジム・クラーク、ロレンツォ・バンディーニ、福沢幸雄 他
1970年代 ヨッヘン・リント、フランソワ・セヴェール、トム・プライス、ヘルムート・コイニク 他
1980年代 パトリック・ドュパイエ、ジル・ビルヌーブ、ヘンリ・トイボネン、他
1990年代 小河等、アイルトン・セナ、グレッグ・ムーア、村松栄紀 他
2000年代 ミケーレ・アルボレート、マイケル・パーク、他
(2輪) 加藤大治郎、他

◆アクシデント詳細ページ一覧

死亡事故

その他

 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[