Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1957年 ミッレ・ミリア  ドライバー2名と観客13名が死亡する大惨事

マシンが観客席に!

1957年5月12日、WSC第3戦のミッレ・ミリアで、アルフォンソ・デ・ポルターゴ侯爵とエドモンド・ネルソン(アメリカ)のペアがフェラーリ335Sで4位走行中、ブレシア郊外のグイディッツォーロという村の付近でタイヤが破裂から、マシンが観客の中に飛び込むという事故が発生。ドライバー2人と観客13名が死亡するという大惨事となった。

タイヤの破裂によりコントロールを失ったマシンは、まず左にそれて橋の縁石に激突、この時点で観客2名が死亡。
マシンは縁石へ激突した衝撃で宙を舞いその先にあった木製の電柱へ激突、それを起点として空中旋回となりながら濠の外側土手で観戦していた観衆の中に飛び込み、6名が直撃を受け死亡。
土手に当たったマシンは跳ね返りコースを横切って反対側の濠に転落し停止した。
他にも多数の観客が犠牲になり、炎こそ出なかったもののポルターゴ、ネルソンの二名と観衆13名が即死するという大惨事となった。
ポルターゴ享年28歳、ネルソン享年不明。

事故はゴールまであと20数マイルの地点だった。

事態を重く見た主催者は以後この大会を中止する(1982年に復活)

この事故により、犠牲になった方たちは以下の通り

アルフォンソ・デ・ポルターゴ侯爵(スペイン) 享年28歳
本名はアルフォンソ・アントニオ・ヴィチェンテ・エデュアルド・ブラス・アンヘル・フランチェスコ・ボルハ・カペツァ・デ・ヴァカ・グランディ・オブ・スペイン・カウント・オブ・メヨラダ・カウント・オブ・ペルニア・マルキス・デ・モラタッラ・マルキス・デ・ポルターゴ・デューク・オブ・アラゴン。

エドモンド・ネルソン(アメリカ) 享年40歳

観客 13名
 アニタ・ボスキーニ(女/10歳)
シルベストロ・フランジーニ(男/27歳)
ヴァージニア・リゴン(女/9歳)
ヴァレンティノ・リゴン(男/7歳、姉弟と思われる)
ジョバンニ・コンサト(男/8歳)
ロミオ・スタンカーリ(男/50歳)
アンジェロ・ドベッリ(男/48歳)
カルメン・タルキーニ(女/10歳)
ピエトロ・グランデッリ(男/51歳)
他4名の身元不明者がいる

▲ミッレ・ミリアの事故を報じる当時のオートモビル紙。
見出しは「SOSPESE(中断)」。写真はデ・ポルターゴとエド・ネルソン。


アルフォンソ・デ・ポルターゴ侯爵(左の画像)はF1にも1956~1957年に5回出場し、
1956年イギリスGPの2位(P・コリンズにFerrariを譲与したためポイントは折半)が最高位。

スポーツカーレースでは1954年のブエノスアイレス1000kmで2位、
1956年のニュルブルクリンク1000kmとクリステンスタッド1000kmで3位。
1957年もWSC開幕戦のブエノスアイレス1000kmで3位、第2戦のセブリング12時間を7位完走するなど調子は良かったのだが…

彼はさらに、ボブスレー選手としても当時の世界最高記録保持者として冬季オリンピック(1952年オスロ大会、1956年コルティナ・ダンベッツォ大会)にも出場しており、ポロや障害競馬の騎手でもあり、飛行機家、小説家としてもその名に恥じぬ活躍をしていた


(写真・文章はMOZAさん提供 文章の一部は管理人キャビン85が修正いたしました)

 
 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[