Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1969年8月10日 鈴鹿12時間耐久レース 松永喬

1969年8月10日、猛暑の中開催された鈴鹿12時間耐久レース。

松永喬はホンダR1300で参戦した。
ホンダR1300は、同年6月の鈴鹿1000kmレースでデビューし、このレースが2戦目だった。

トップ争いをしながら迎えた終盤8時過ぎ、給油を終えて走行中だった同選手はヘアピンと
スプーンカーブに向かう中間地点で前を行くサニーをかわそうと接触、コースアウトしてノーブレーキのまま右135Rで右側ガードレールに衝突した。そこに後続車が突っ込んで炎上。

松永喬は全身大火傷を負い、25日後の9月4日に死亡した。享年26歳。

ホンダR1300
事故直前の松永喬選手

 

この事故をもって、R1300の開発は打ち切られた。

なお、事故現場となった右コーナーはその後「マッチャン」コーナーと呼ばれるようになり、今もなおその名が受け継がれている。

 

(写真提供・供MOZAさん。文章はMOZAさん提供のレポートに、日本の名レース100選 Vol.46 '69 鈴鹿1000km)での記述を参考に管理人が加筆修正したものです。)
 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[