Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1982年 F1ベルギーGP ジル・ビルヌーブは予選中に死亡

ジル・ビルヌーブ

ジル・ビルヌーブ (ヴィルニューブ)
Gilles Villeneuve
本名:ジョセフ・ジル・アンリ・ビルヌーブ

(カナダ)

1950年1月18日生 ~ 1982年5月8日没
(享年32歳)

F1は1977~1982年に67回出走し、優勝6回(1978年カナダ、1979年南アフリカ・ロングビーチ・アメリカ、1981年モナコ・スペイン)
ポールポジション2回(1979年ロングビーチ、1981年サンマリノ)
ファステストラップ8回(1978年アルゼンチン、1979年南アフリカ・ロングビーチ・スペイン・ベルギー・ドイツ・オランダ、1981年サンマリノ)と記録している。
生涯通算獲得ポイントは107点。
ベスト・チャンピオンシップは1979年の2位である。

 

1982年第5戦ベルギーGPの予選中、一人のフェラーリドライバーが突然の死を遂げた。
激しい走りでファンを魅了し、その突然の死ゆえに「伝説のドライバーと云われたジル・ビルヌーブ。

事故の伏線:チームメイトへの不信と確執  1982年第4戦サンマリノGP

この事故を語る際、伏線として絡むレースというのがある。
1982年第4戦、サンマリノGPでの「紳士協定事件」というのがそれである。

レースにおいて、勝利至上主義が前提ではあるものの、それはチームとしての考えで、戦っているドライバー同士には確約たるオーダーは
持ち合わせる必要がない。ビルヌーブは荒削りなドライバーと言われながら、1979年にジョディ・シェクターへのタイトル獲得のサポートをしたように所属するチームに対しては従順だった。
反面、チームメイトのディディエ・ピローニは、フランス系ドライバーとの期間が長かったせいか非常にフランクで、全てのドライバーをバトルの対象にする傾向があった。
これはチームにとっては誤算であり、ビルヌーブにとっては不満な展開でもあった。彼らがチームメイトとなってからこの不安はついて回り、それが形となって現れたのがこのイモラでのレースだったのである。

1982年サンマリノGPはイギリス系チームのボイコットで、レースには大陸系チームの14台しか参戦していなかった。
そんな中で、フェラーリのビルヌーブとチームメイトのピローニは圧倒的な強さで1-2体制でレースをリードしていた。二人は順位を入れ替えながらバトルを繰り広げていた。そしてレースも終盤となり、ビルヌーブ、ピローニの順で周回を重ねていた際、チームは後続との差が開いたため、ややスローのサインを示した。燃費に厳しいイモラでは賢明な指示である。
ビルヌーブはチームの指示に従い、ペースを落とした。チームからの指示であり、当然チームメイトのピローニもペースを落として順位は守られると考えていたのだった。

しかし、ピローニはビルヌーブをオーバーテイクする。チームメイトに裏切られたと感じ、焦ったビルヌーブは、憮然としながらも抜き返す。
チームは出来る限りのサインで、2台にそのままの順位でクーリングラップする事を命じるが、最後の周回、ピローニは再びそれに反しビルヌーブを抜き去ってしまう。もはやビルヌーブに抜き返す術は残っていなかった。

表彰台でシャンパンを撒き散らすピローニとは対象的に、ビルヌーブは焦点が定まらず、憤然たる表情をたたえていた。レース後の記者会見でピローニが「チームオーダーは存在しなかった」と発言した時点で、この二人には後戻り出来ない確執が残ってしまったのである。
「ピローニを信じた僕が馬鹿だった」彼はレースが終わった後、親しい人にそう漏らしたという。

1982年第5戦 ベルギーGP(ゾルダー)

イモラでのサンマリノGPから2週間後、F1の舞台はゾルダーでの第5戦ベルギーGPを迎えていた。

1982年5月8日。ベルギーGP予選

ピローニと、ビルヌーブのタイムは拮抗していた。
ビルヌーブにとっては、ポールポジションが最大の目標ではあるが、ことにチームメイトのピローニに負けるわけにはいかない。
通常ならこのタイムで満足するであろうタイムを記録していたビルヌーブだったが、残り5分となった時点でピローニのタイムを上回るべく、最後の走行に飛び出していった。

コース後半部、見通しの悪い森のセクションに差しかかった。ここは大きく左右に切り返すS字ポイントである。
前に遅い車がいた。ヨッヘン・マスが乗るマーチ821・フォードである。ここで僅かでも速度を落とす事になれば、S字に続く次の右コーナーへのスピードがのらず、タイムロスに繋がる。
S字の最初の左カーブに進入する際、ビルヌーブは減速の少ないアウトライン、つまり進路を右にとって抜こうとした。かたやマスは、ビルヌーブのタイムへの執念を感じてはいたが、ここはセオリー通りクリッピングポイントを取らせようとイン側を開けた。つまり彼も右へ寄ったのである。

同じラインで、2台のマシンが急接近する。もはや回避する時間はなかった。

マーチの右後輪に彼の左前輪が乗り上げ、マシンはカタパルトで弾かれたように高く宙に舞った。
時速230km/hになんなんとするスピード。空中で2回転し、逆さまになって車体前部から地面に叩きつけられ、フロント部は粉々に飛び散る。車体の勢いは衰えず、部品を撒き散らせながら横転し、ひどい残骸と化しながらコースへと戻ってくる。
マスのマーチが右コーナーに差し掛かった時、それを飛び越えるような形で、残骸は大きく宙で弧を描き、ビルヌーブを放り投げ、コース上へ叩き付けられて停止した。全ては一瞬の出来事だった。

マスが停止し、救急隊と共にビルヌーブの元へ駆け寄る。後続のデレック・ワーウィック、リカルド・パトレーゼ、ルネ・アルヌーもそれに続いた。
しかし、ビルヌーブは頚椎を折っており(その他も複数骨折したが)、心臓マッサージを施されるものの事態は最悪な展開へと進んでいく。
午後9時過ぎ、ルーバンの病院へ収容されていたビルヌーブは息を引き取った。享年32歳。

前戦サンマリノGPでのピローニとの確執が、ビルヌーブの冷静さを失わせていたが故に起きてしまった事故。
あまりにも早い英雄の最期だった

▲ゾルダーの事故現場。中央に見えるのがビルヌーブ車の残骸

▲映像で捉えられていた事故の模様。
この有名な映像はベルギーのTV局が
「試験的」に撮影して偶然撮ったもので、
決勝では違う位置にセットされている。
この映像は、日本を含め全世界に配信された。

▲柩に入れられ、母に見守られながら永遠の眠りにつく
ジル・ビルヌーブ。まさに「最後」の写真である。

ディディエ・ピローニ

ビルヌーブとの確執を取りざたされ、彼の突然の死により、ディディエ・ピローニはビルヌーブを死に追いやったとして激しい非難を受ける。
しかし、ピローニはビルヌーブに対して友情さえ感じており、生まれてくる子供にジルの名をつける。
そんな、ピローニも同年8月のドイツGPに大事故に遭うことになる。雨の予選中にアラン・プロストのルノーに激しく追突してしまったのだ。ピローニのマシンは大破し、一命は取り留めたものの、彼の両足は粉々に砕け散った。
この事故により、ピローニはF1を引退。リハビリ後は海のF1ともいわれるパワーボートに出場するが、1987年08月23日そのパワーボートの事故で生涯を閉じることとなる(享年35歳)

 
 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[