Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1974年 富士GC・富士グラン300km (Vol.1)

前年に引き続き富士スピードウェイ30度バンクでおきた大惨事

1974年6月2日 富士スピードウェイ

1974富士GC

日本モータースポーツ界、最悪のカタストロフともいえる事故は二人の有能な選手を鬼籍に葬った。
前年の石油危機の影響で撤退を余儀なくされる関係機関や選手が相次ぎ、「明日は我が身」とドライバーや関係者に鬼気迫る雰囲気が流れていた時代の悲劇でもある。

富士グラン300kmと称されたこのレースは最初の1ヒートで高橋国光のマーチが勝ち、3台が棄権。続く午後の2ヒートには総勢17台が出走した。風戸は5番手、鈴木は9番手の順位だった。

前年(1973年)の悲劇の一因ともいえる「密集状態」を緩和するためかローリングスタートとなったこのレース、先頭は国光のマーチが果敢に出たが、早くも2番手は接戦。
先の30度バンクに入るためにコース左側のラインを占守しようと黒沢元治と北野元のマーチが競り合った。その際、黒沢車は二度三度と左にいる北野車に接触、北野車は左のタイヤをコース外にはみ出してしまう。

制動の生じた北野車は右側から数台に抜かれながらも、なんとかコースに戻ろうと試行錯誤。しかし、ちょうど戻った先は、前に風戸車、後ろに鈴木車。なんとその間に割るように入ってしまったのである。
風戸は左の後部、鈴木は左の前部にぶつけられ、鈴木は時計回りに、風戸はその逆で、左の外側ガードレールへ向けてスピンしていった。

北野車はというと、コースを横切ったのち漆原徳光のローラと接触、北野車に漆原車が乗り上げる形となり停止。二人が脱出した直後に車体は炎上した。
一方・・・風戸と鈴木の車はガードレールを突き破り、草地で何度か横転したのちに火を吹いた。
もはやレースと呼べる光景ではなく、リタイヤした北野がコース上に仁王立ちになり、一周目を終えて疾走してくる各車に
身を呈して「止まれ、止まれこの野郎!」と叫ぶというすさまじさ。

風戸は燃え盛る車から自力で這い出し、ふらふらとよろけながらヘルメットを外したが、そこで力尽きるように倒れた。
鈴木はマシンの中で、脱出も出来ずにこと切れた。風戸25歳、鈴木37歳。

もうもうたる黒煙は当時の新聞各紙の一面を賑わし、雑誌各誌もこの事故を取り上げました。
それよりも何よりも、前年の炎上事故に続いて、この事故までもが一般家庭の茶の間にリアルタイムで放映された事。昔の
ナショナルカラーといいますか、すこし濃い目のブラウン管に浮かぶにじんだような炎の橙色は忘れる事ができません。

そして、前年中野選手が死んだあのレース、1位2位はこの鈴木選手と風戸選手でした。
因縁といえばいいのでしょうか、古きよき時代の出来事だけでは片付ける事の出来ない、まさに忘れてはならないシーンであると思いました。

風戸裕風戸 裕(かざと・ひろし)

16歳で軽免許、18歳で普通免許を取得、その一ヶ月後にはA級ライセンスを獲得し、11日後に早くも船橋のジュニアシリーズで2位デビューを果たす。
以後1974年までの通算成績は全カテゴリー含めて55戦8勝。表彰台獲得数は20回を数える。

優勝したレースは以下の通り。
1969年…富士スピードフェスティバル富士300キロレース大会’69ゴールデンシリーズ
1970年…全日本ストッカー富士300
1970年…全日本鈴鹿500キロ自動車レース
1970年…東京クラブ連合レースシリーズⅡ
1970年…NETスピードカップレース
1971年…GC・富士グラン300マイル(ヒート2)
1971年…’71年富士グラン・チャンピオン・シリーズ第5戦
1973年…GC・富士マスターズ250キロ

鈴木誠一鈴木 誠一(すずき・せいいち)

2輪レースを経て1964年に4輪へとデビュー。1967年には彼のシンボルとなるカーナンバー84が登場する。
以後1974年までの通算成績は全カテゴリー含めて71戦15勝。表彰台獲得数は32回を数える。
優勝したレースは以下の通り。
注:「ストックカー」ではなく「ストッカー」と記述されていますが、正式名称のままです。
1964年…第3回ナショナルストックカーレース(川口)
1965年…ワールドチャレンジカップ富士200マイル
1969年…第10回全日本ストッカーレース富士300km
1969年…第11回全日本ストッカーレース富士300km
1970年…全日本ストッカー富士300
1970年…ストッカー富士200マイル(トランスニッポン
クーペシリーズ)
1970年…ストッカー富士200マイル(前レースとは連日戦)
1971年…GC・富士300キロスピード
1971年…日本海間瀬200キロレース
1971年…ストッカー忍波100km(筑波)
1971年…GC・富士インター200マイル
1971年…トランスニクス筑波100ミニカー及び筑波フレッシュマンズ大会
1972年…日本海間瀬200キロレース
1973年…ストッカー筑波150キロレース
1973年…GC・富士ビクトリー200キロ

(文章、写真とも、提供MOZAさん)(改行、タイトルは管理人・キャビン85)

さらに詳しい状況はVOL.2:1974年富士GC(風戸裕・鈴木誠一)もご覧下さい

管理人注:本件事故に関しては、レーサーの死(著者:黒井尚志 出版社:双葉社 )でも、レポートされています。

 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[