Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1964年 F1ドイツGP予選(カレル・ゴダン・ド・ボーフォール伯爵)

1964年8月1日、F1第6戦ドイツGP。

プラクティスにおいて、 ポルシェで疾走中のカレル・ゴダン・ド・ボーフォール伯爵がコースを外れ、コース脇の法面を 転落。
防護ネットを突き破り樹木に激突して逆立ちと なった状態で停止した。車体にそれ程のダメージは なかったが、ボーフォール伯爵はマシンから投げ出されており、 病院に運ばれたものの、2日後の8月3日に死亡した。享年30歳。

車自体には大きなダメージは無く、当時はシートベルトを装着していなかったため、マシンから投げ出されたことが死亡に繋がったと思われる。

シートベルト自体は、すでに1959年にボルボによって3点式シートベルトが開発され、 市販車にも装着されはじめていた。
しかし、フォーミュラカーにシートベルトが義務づけられたのは1960年代後半頃で、 それまでは、事故で火災が発生するとシートベルトのために脱出が困難になると考えられ、 「焼け死ぬよりは車外に投げ出された方が安全」という考えから
シートベルトは義務づけられていなかった。

1960年代の死亡事故でも、シートベルトを装着していれば最悪の事態は避けられたのではないかと 思われる事故が多数見受けられるのは、(今思えば)非常に残念なことではある。

ボーフォール事故現場

事故後の現場の写真。 マシン自体には大きなダメージは見られない。

ボーフォール事故後のマシン

■ ド・ボーフォール伯爵の葬儀の模様

グラハム・ヒル、ベン・ポンら多くのドライバー仲間達が参列、ド・ボーフォール伯爵を見送った。

ボーフォート伯爵カレル・ゴダン・ド・ボーフォール伯爵(オランダ) 
Carel Godin de Beaufort

本名はヨンクヘイヤー・カレル・ピエター・アントニエ・ハン・ヒューベルト・ゴダン・ド・ボーフォール。

1934年4月10日生 ~ 1964年8月3日没(享年30歳) 

F1参戦29回(決勝出走26回)

1958年第3戦オランダGPでF1初参戦。1961年から本格参戦を開始し、最高位は6位(4回)

■ 在りし日の雄姿

F1でも常にポルシェで戦い続けたド・ボーフォールの在りし日の姿

■1962年ルーアンで開催されたF1フランスGPでのド・ボーフォール。

マシンはポルシェ 718でフロントが、オランダのナショナルからーであるオレンジに塗られている。
このレースでは、予選17位からスタートし、6位入賞を果たしている。

■1963年 F1ドイツGP

ニュルブルクリンクでのドイツGP。マシンはポルシェ 718で、全面オレンジのカラーリングが映える。

■1964年 F1ドイツGP(ニュルブルクリンク)

最後のレースとなってしまった、F1ドイツGPでのもの。
予選に向けてピットから出て行くところ。

ニュルブルクリンクの木立ちの中を疾走するボーフォール&ポルシェ
この写真が撮影されてまもなく、上記の事故に遭遇することとなる。

1964年ドイツGPの予選結果では、9:37.900の記録が残り、PPのJ.サーティースに対して+59.500。
最下位ながら予選通過タイムとなっている。

写真および事故の状況は、すべてMOZAさんに提供いただきました。
本ページはMOZAさんにいただいた写真・文を元に、管理人(キャビン85)が構成・加筆しました。
 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[