Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1982年6月13日 F1カナダGP (リカルド・パレッティ)

リカルド・パレッティ

リカルド・パレッティ
Riccardo Paletti

イタリア出身

1958年6月15日 ~ 1982年6月13日

(享年23歳)

混沌とした1982年のF1シリーズ

1982年のF1シリーズは、混沌とした中で進行していた。
ロングビーチでのフェラーリの2枚ウイング騒動、イモラでのビルヌーブとピローニの紳士協定問題、そしてベルギーでのジル・ビルヌーブの事故死。モナコでの二転三転の大波乱。
この年1勝しかしなかったケケ・ロズベルグがチャンピオンとなった事に象徴されるように、近年稀に見る、幸も不幸も含めて様々な事がありすぎたシーズンでもあった。

ビルヌーブの衝撃的な死に隠れた存在だったが、このパレッティの事故も魔物に誘われたかのような実に忌まわしい惨事だった。決勝2戦目の有望な新人は、最後のレースはスタート・コントロールライン上で終える事となったのである。

因縁のイモラでF1デビューを果たしたパレッティは、そのレースを予選13位・決勝リタイアという結果で終えている。この予選結果は、結果として彼の生涯最高記録となるのだが…

開幕戦の南アフリカと第3戦のロングビーチで予選落ちし、第2戦ブラジル、第5戦ベルギー、第6戦モナコでは予備予選を突破できず、第7戦デトロイトでは予選23位のタイムを記録しながらもレース前に大事故を起こして決勝出走できなかった。

1982年6月13日 F1第8戦 カナダGP

第8戦カナダGP、パレッティはデトロイト同様予選23番手のタイムをマークした。後ろにはサラザール(ATS)リース(セオドール)、ヘントン(ティレル)を従えている。
パレッティのグリッド位置は隊列右、観客席側にあった。当時のスタート位置はヘアピン後の左ターンを抜けた
位置にあり、1コーナーは僅かな右カーブから続くS字となっている。彼が乗っていたオゼッラFA1C・フォードは当時主流のDFVを搭載していたが、シャシーとの相性は悪く、加速に難があった。
このため彼はスタートで無理な追い抜きはせず、1コーナーまで出来るだけスピードを乗らせようと考えたのかもしれない。ポールポジションのピローニと同列という事もあって、パレッティには好都合のはずだった。

そしてスタート。
スターターのデレック・オンガロが赤を点灯させた瞬間、あろう事かポールのピローニが手を大きく振った。エンジンがストールした合図だった。
これに気づくのが遅れたオンガロは、そのまま青の点灯に移ってしまう。コントロールライン上では一斉にイエロー・フラッグが振られ、後続集団は接触すれすれながらもピローニを回避していった。

パレッティは、直前のラウル・ボエセルのマーチの背後につきながら、次第に加速していった。スピードは160km/hを超えようとしていた。
先頭集団の混乱は、必然的に後方集団に厳しい展開をもたらした。各所で接触が起き、数台がスピン、ガードレールに衝突する事態となる。パレッティもその一人だった。

ボエセルは停止しているピローニ車に反応し、深く左へ回避した。パレッティにとっては、ボエセル車が消えた瞬間、そこに現れたピローニ車を避ける時間などなかった。

ブレーキをかける暇も、ステアリングを切る間もなく、フルスピードのままピローニの乗るフェラーリの後部に激しく追突したのである。衝撃でピローニのマシンは押しやられ、スピンしてコース反対側に停止。

パレッティのオゼッラのノーズ部分は著しく圧縮され、ステアリングが彼の身体を圧迫していた。彼は生きていたが、失神状態に近かった。声も発せず、身体を動かす事など不可能だった。

マーシャルが駆け寄り、彼の救出に当たろうとした。
一人のマーシャルが彼のヘルメットを外そうとより近づいた瞬間、火の手が上がった。ほぼ満タン状態の燃料は次第に火勢を強め、マーシャルはもとよりピローニも消火に当たろうとするが、消えるまでに時間を要した。

消火剤で真っ白になったオゼッラから彼が救出されたのは、事故から30分になろうとしていた頃。
ヘリコプターで近郊の病院へ収容されたが、ステアリングで胸を強打した際の胸郭破裂が致命傷となり、
搬送後間もなく死亡した。享年23歳だった。

▲最後のレースとなったカナダGPの予選を走るパレッティ&オゼッラFA1C

▲事故後、炎上するパレッティ車。手前の33番車はジェフ・リースのセオドール

 

F1での成績は先に記した通り。F2やスポーツカーも経験していた彼の事、もう少しいいチームと、 そして運に恵まれていたら、我々も鈴鹿でその姿を見る事が出来たかもしれない。有望な逸材は、二次災害という最も不幸な形で生涯の幕を閉じてしまったのである。母国イタリアはカナダのビルヌーブに匹敵する程の悲しみを表明。
F1では1967年モナコでのロレンツォ・バンディーニ以来のイタリア人ドライバーの死亡事故だった。
イタリアは彼の死を悼み、母国パルマにあるサーキットを「アウトドローモ・リカルド・パレッティ」と命名し、永くその栄誉を称える事となった。

彼の名が冠ぜられたサーキット「「アウトドローモ・リカルド・パレッティ」
主に2輪レースのコースとして知られている

画像・文章はMOZAさんより提供いただきました。
文章の一部はキャビン85が修正しました

 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[