Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1974年 キャラミでのF1テスト中に散ったピーター・レブソン

ピーター・レブソン
Peter Revson
 (アメリカ)

1939年2月27日生 ~ 1974年3月22日没 (享年35歳)

F1での主な戦績
1964年 ロータス 最高位13位
1971年 ティレル(1戦のみ/アメリカGP) リタイア
1972年 マクラーレン PP1回(カナダGP) 最高位2位
1973年 マクラーレン 優勝2回(イギリスGP・カナダGP)
1974年 シャドー (2戦のみ) リタイア

インディ500の戦績
1969年 5位(3周遅れ)
1970年 22位(87周マグネトー)
1971年 2位
1972年 31位(23周ギアボックス)
1973年 31位(3周第4ターンでクラッシュ)

1974年3月22日、キャラミ・サーキット(南アフリカ)でのF1テスト走行。
(この当時は1~2月にアルゼンチン、ブラジル等の南米F1があり、次の開催までに二ヶ月の間があるためテストを行うチームが多かった)

シャドウDN3フォードをドライブしていたピーター・レブソンは、2コーナー、いわゆるバービク・コーナーで左前のサスペンションが壊れ、外側ガードレールにほぼ直角に激突。
二段ガードレールの下を突き破り、その勢いでコクピット部とエンジン部が折れ、ガードレールに被さるようにして停止し火を吹いた。

すぐさま救急・消防、さらには直後を走っていたグラハム・ヒルやエマーソン・フィッティパルディも駆けつけたが、出血多量のため、ほぼ即死状態だった。享年35歳。

▲レブソンの事故現場

▲グラハム・ヒルが車体を持ち上げて消火活動に協力。右にはフィッティパルディの姿も見える。
レブソンは右下に横たえられている。

前年(1973年)のロジャー・ウィリアムソンフランソワ・セベールの死亡事故、この時の ピーター・レブソンの事故、そしてこの年の10月に起こるヘルムート・コイニクの事故と、ガードレールが致命傷につながる事故が立て続けに発生したため、F1をはじめとするモータースポーツすべてのバリア対策に警鐘を促す契機ともなっていった。

(画像・文章提供はMOZAさん / 本ページは、MOZAさんの文章を管理人:キャビン85が再構成したものです。) 

 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[