Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

 

1964年5月30日のインディ500の1周目に多重事故による大火災事故が発生。
2人のドライバーが命を落としました。

デイヴ・マクドナルド(83/トンプソン・フォード) 享年26歳 エディー・ザックス(25/ハリブランド・フォード) 享年35歳
1周目の第4ターンでスピンしピット前の内側フェンスに激突して大炎上、コースに跳ね返されたところで後続車に次々と激突され即死。享年26歳。
この年のインディ500が初出場であり、結果として最初で最後のインディ500レースとなってしまった。
マクドナルドの炎上事故に遭遇、回避操作もままならず巻き込まれた4台の先頭車両としてマクドナルド車に激突、誘爆した。享年35歳。
インディ500は1957~1964年まで8回連続出場していて、1961年にはPP獲得して決勝2位、1962年にも決勝3位に入賞していた。
1964INDY500 マクドナルド 1964INDY500 ザックス


インディ史において、1964年の大会を語る時、フォイトの優勝よりも、1周目に起きた大火災事故が思い起こされていくのだろう。
第4ターン立ち上がりでコントロールを失ったマクドナルドのマシンがスキッドしながら内側ウォールに激突炎上、
コースをふさぐ形になったところへザックスとノーム・ホール(26/ワトソン・オッフィー)ボビー・アンサー(9/ファーガソン・ノーヴィ)ロニー・デューマン(64/トレヴィス・オッフィー)の4台が次々と突っ込んだ。敗れたタンクからはじけた燃料は空中に四散するもたちまち誘爆、火炎と黒煙は客席にまで達する未曾有の大火災となった。

ザックスとマクドナルドは激突の衝撃および熱傷により死亡。
死因は鎮火後の残骸と遺体の損傷があまりにもひどく困難を極めたが、マクドナルドが激突の際の衝撃死、ザックスが炎による焼死との見方を当時のメソジスト病院は公表している。なお、巻き込まれた他の3台(ホール、アンサー、デューマン)は炎を突き抜けて脱出する事が出来たため、火傷のみで済んだ。

ザックス35歳、マクドナルド26歳。ザックスは二日前に誕生日を迎えたばかりだった。  
(名前後の数字はカーナンバーです。)

▼下の画像は事故のまさに直前、マクドナルドがコントロールを失い内側ウォールへ向き始めたその瞬間

▼ウォールに激突、爆発・炎上するマクドナルド

 

▼別アングルの写真。爆発・炎上のすさまじさが分かる。 この後、後続車両が激突。サックスが犠牲になることになる

▼サックスが激突・炎上した瞬間

 

▼すさまじい爆発炎上の様子。一歩間違えば、観客に被害が及んでいたかも知れない

▼燃えさかる事故現場を通過するドライバー達

▼手前の焼けた黒い残骸が、ザックスのマシンと思われる

(原文はMOZAさん提供、写真はMOZAさん、クロスノフさんより提供いただきました。/ タイトル・レイアウト・構成は管理人キャビン85)

 

 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[