Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1970年8月26日 河合稔 TOYOTA7のテスト中に鈴鹿サーキットで事故死

1970年8月26日 鈴鹿サーキット

関係者にとっては通常の性能テスト。そんな雰囲気でこの日の午後に開始されたテストで事故は起きた。
川合の乗るトヨタ7(5リッター800馬力ターボ)はデグナーをほぼ全開で通過した後のヘアピン手前、
通称「110R」で右80m、左65mのブラックマークを残すほどの異常に見舞われる。
川合のマシンはヘアピンに向かえず、直線的にコースアウト、折からの猛暑で茂っていた草地に飛び込んだ。
だがその地点は先日の台風で地盤が緩み、幅3m、深さ2mの沢を作り出しており、
トヨタ7は車体前部からそれに激突。瞬間的にマシンは粉々となって5mの高さに舞い上がり、
60m先のヘアピン立ち上がりイン側コースサイドに腹を上に向け落下した。
川合は四散する車体から放り出され、大地へと叩きつけられた。

川合はすぐさま救急車で病院に搬送されたが、頭蓋底・頚椎骨折、両大腿部複雑骨折で30分後に死亡が確認された。
享年27歳。

河合稔 TOYOTA7&河合稔

事故の模様

右80m、左65mに渡って残された不気味な急ブレーキ 痕。

事故後公開されたマシンの残骸。フロント及びコクピットは完全粉砕され、かろうじて後部とタイヤが確認できるぐらいに破壊されている

■ 参 考 

河合稔選手のプロフィールや事故の模様などは、http://www.mmjp.or.jp/60srace/TheYoungSoldiers3.html で紹介されています。

また、レーサーの死(黒井尚志・著 双葉社:発行) でもレポートされています。

 
 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[