Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1969年2月12日 福沢幸雄 TOYOTA7のテスト中の謎の事故死

福沢幸雄1969年2月12日、静岡県袋井市に完成したヤマハテストコースではトヨタ7のテスト走行が行われていた。

数周を消化してある程度のデータを確保しており、実質的な全開走行は午後に持ち越されるはずだった。
しかし、スタッフに昼食の誘いを問われた幸雄は「もう1周」とコースに出走。山越えの長いストレートで一気にトップスピードまで上げ、ゆるい全開進入の左ターンに差し掛かった。

時は午前11時45分。
ここでブレーキをかけたか、あるいはギアをひとつ落としたのか定かではないが、進入直前の直線の末端で一瞬白い煙があがるや、コーナーとは反対の右側に凄い勢いで向きが変わり、砂地で大きく砂煙を上げながらバウンドしコース脇の看板に激突、もんどりうって爆発炎上した。

予想外の出来事、現場には救急隊や消防が待機しておらず、幸雄の車はしばらく燃え続ける。自然鎮火により彼は車体から引き出されたが、結果は見て明らかだった。享年25歳。

幸雄の事故は、残骸が回収・廃棄されたようで事故の原因はわからず、これが後々「福沢裁判」と呼ばれる事件の引き金となる。
ただ少ない情報では、トヨタ7と見られていた車が開発途上の新型J6だったという説があり、マシン側の手落ちという説がある。
さらに幸雄の実父の 証言として前日非常にナーバスになっていたという事。「出来るなら明日は走りたくない。中止になってくれれば嬉しいんだが」という言葉を漏らしていたというメンタル的な不安定説がある。

いずれにしても、幸雄の 死亡事故は、これから訪れる日本レース界の暗黒時代の序章だったのかもしれない。

 

コース脇で炎上する幸雄のマシン。激突で30mも宙を舞い、車体前部はほぼ原型を留めていなかったという。

この事故に対して、トヨタ7を開発していたトヨタ自動車はマシン側の原因を認めず、ドライバーの運転ミスとししたうえで企業秘密の名のもとに情報提供がなされなかったこと、また、警察の事故検証の不手際などが指摘され、のちに福沢裁判と呼ばれる訴訟に発展する。

管理人注:本件事故に関しては、レーサーの死(著者:黒井尚志 出版社:双葉社 )でも、レポートされています。

写真・文章はMOZAさんより提供いただきました)
 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[