Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1958年5月30日 第42回インディアナポリス500マイルレース(INDY500)

第42回 インディアナポリス500マイルレース

レース一周目に15台による大多重衝突が発生、一人のドライバーが命を失った。

最前列の3台がローリングの時点から隊列を崩しており、各車隊形がバラバラのままスタートが切られる。
バックストレートでは中段グループが大きく横に広がってトップ集団に割って入る危険極まりない接近戦となる。
その中でポールのラスマンと2番手のエリジャンの接触をきっかけに、いたる場所でも接触事故が多発。
パット・オコーナー(スマーKK500G・オッフィー/No.4)も他車と接触し数回横転した。
オコーナーの衝撃は致命的で、アスファルトに全身を強打した事により、全身打撲で死亡した。

▼ オコーナーの事故死の原因となった多重事故の画像

1958インディ500

フェンスを飛び越えていったマシンはカーナンバー92の
ジェリー・アンサー(Jr)(ロイ・マッケイKK500G・オッフィー)。
数台の車は後も走る事が出来たが、この事故で走行不可能となったのは以下の7台。

4/パット・オコーナー(スマーKK500G・オッフィー)
5/エド・エリジャン(ジョン・ジンク・ワトソン・オッフィー)
31/ポール・ゴールドスミス(シティオブデイトナKK500G・オッフィー)
57/アート・ビッシュ(ヘルス・クヅマ・オッフィー)
68/レン・サットン(ジム・ロビンスKK500G・オッフィー)
92/ジェリー・アンサー(ロイ・マッケイKK500G・オッフィー)
97/ディック・ラスマン(マクナマラ・ワトソン・オッフィー)

パット・オコーナー 享年30歳。

インディ500には通算5回出場しており、
1954年…21位(181周第2ターンでスピンオフ)
1955年…8位
1956年…18位(13周遅れ)
1957年…8位
1958年…29位(0周クラッシュ/死亡)

パット・オコーナー

 

(写真・文章はMOZAさんより提供いただきました。文章は管理人キャビン85が一部修正いたしました,)

 
 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[