Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1955年 テスト中に事故死を遂げたアルベルト・アスカリ

アルベルト・アスカリ

アルベルト・アスカリ
Alberto Ascari

イタリア出身
1918年7月13日生 1955年5月26日没(享年36歳)

F1参戦:1950年~1955年
参戦数:32回
優勝:13回
PP:14回
FL:13回
1952/1953年F1ワールドチャンピオン

1955年モナコGPでの水中ダイブ そして その4日後

1955年5月22日、モナコGPでアスカリはアクシデントに見舞われる。
ランチア D50で参戦、予選2位からスタートしたアスカリだったが、マシンはブレーキ不調の状態で走行を続けていた。
アスカリは海側のシケインで姿勢を乱し、マシンもろとも海に飛び込むダイビング事故を起こす。しかし、幸いにもアスカーリは自力で水面に浮上し軽傷で済んだ。

しかし、そのわずか4日後の5月26日、モンツァでスポーツカーのテストを行なっていた愛弟子のエウジェニオ・キャステロッティから借りたFerrari750Sで試走中、現在のアスカリ・シケインと呼ばれる旧ヴィアローネ・カーブ(当時は緩やかな左コーナー)で原因不明の転覆事故で死亡した。享年36歳。

事故の真相は?

アルベルト・アスカリに起きた事故は今も謎とされている。

しかし、この事故には一つの逸話がある。
アスカリの事故が起こった直後にパルコ・デ・モンツァの従業員と思われる制服の人物が現場で目撃されていて、
その人物は自殺という行為にその後走るったのである。

その自殺の直前に、彼は教会で懺悔をしアスカリの車の前に飛び出したという顛末を述べたという。
しかし自殺は未遂に終わり、その後精神病院で過ごしたという説・・・・

事実として、アスカリの事故現場には急ブレーキ痕があり、ブレーキを踏んだままハンドルを切った形跡が残っている。アスカリが何かを目撃して回避行動を取ったと思われる状況がうかがえるのである。

あくまでもこれは「説」の一つではあるが、事故原因の一つの有力な事案であると思われる。

(右の画像は、アスカリがドライブしていたFerrari750S。コクピット部分に損傷はありませんが、アスカリはこの車から投げ出された事により致命傷を負いました)

 

 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[