Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1927年 速度記録会で死亡したJ.G.パリー・トーマス
愛機のマシンのベイブ・スペシャルは年月を経て復元された

パリー・トーマス

J.G.パリー・トーマス

本名;ジョン・ゴッドフリー・パリー・トーマス

ペンダイン・サンズの砂浜で 速度記録会用のマシン 「ベイブ・スペシャル」で挑戦。

しかし、事故で亡くなった。

ベイブ・スペシャルは事故をおこした砂浜に埋められ 眠りについたが復元を目指して 43年後に掘り起こされる。

さらに15年後 ベイブ・スペシャルは復元され
再びペンダイン・サンズの地を踏みしめた

スタート

▲1927年3月3日、速度記録挑戦のためスタートするJ.G.パリー・トーマスベイブ・スペシャル

しかし、記録挑戦中にタイヤの脱落と波打ち際に蛇行したため足をとられてベイブ・スペシャルは転覆するじことなり、 J.G.パリー・トーマスは死亡した。

トーマスの事故を伝える新聞

▲トーマスの事故死を報じる当時のデイリー・ミラー紙

ベイブスペシャル

事故を起こしたベイブ・スペシャル。
関係者はJ.G.パリー・トーマスの栄誉を称え、事故現場であるペンダイン・サンズの砂浜にベイブ・スペシャルを埋めた。

 

事故を起こしたベイブスペシャル

事故から43年後の1969年3月、 工学技術者のオーウェンという人物が彼のベイブ・スペシャルを復元したいと申し出る。

遺族関係者は喜んでそれを認め、再びマシンは地中から掘り起こされた。

さらに15年の月日をかけて、1984年にベイブ・スペシャルは復元をおえ、再びペンダイン・サンズの地を踏みしめた。

(写真・文章はMOZAさん提供 文章の一部は管理人キャビン85が修正いたしました)

 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[