Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1977年 南アフリカGP (キャラミ) トム・プライス

1977年F1第3戦アフリカGP。

このレースが何事もなく進行していたら、このレースはニキ・ラウダが前年の大事故以来の優勝を遂げたという快挙におおいに沸いたはずだった。

トム・プライスはシャドウDN8・フォードで出走していた。

トム・プライス

事の起こりは22周目、最終コーナー・キンクで起こる。

プライスの同僚であるレンツォ・ゾルジがエンジンのトラブルでもうもうたる煙を上げてコース脇にマシンを停めた。
それはどのレースでも起こりうる光景でドライバーは憮然としながらマシンを降り、少し離れた所でヘルメットを脱ごうとする。

この時、マシン後部から小さい火が上がった事、そしてステアリングを外すのを忘れたためゾルジは慌てたようにマシンへと駆け寄った。コースの反対側からは消火器を持った2名のマーシャルがピットウォールを乗り越えて小走りに駆け寄ってくる。

しかし、現状は最終コーナーを立ち上がってくる数台のマシンが突っ走る危険極まりない瞬間でもあった。
最終コーナー、いわゆるキンク・コーナーは急勾配の坂を登りながら右に切るコーナーで、ホームストレート付近はドライバーにとって死角となる。
おそらく、トム・プライスの視点では坂の頂上に達するまではゾルジの車も見えなかったはず。

事態は一瞬のうちに起こった。

プライスの直前を走っていたハンス・ヨアヒム・シュトゥック(マーチ)はコースを横断するマーシャルがいきなり目に入り、咄嗟に右へステアリングを切ってすんでの所で回避した。しかし、その直後、シュトゥックのマーチのスリップストリームに入らんとしていたプライスは突然現れた光景に成す術もなく、マーシャルの一人、ジャンセン・ヴァン・ビューレンを跳ね飛ばしてしまう。

マーシャルの即死は見て明らかだった。
そして同時に、プライスもビューレンがもっていた消火器が、トム・プライスの頭部を直撃。
コクピットの中に仰向けにめり込む状態でプライスも命を落としていた。

マシンはプライスがアクセルを踏んだままの状態で、ホームストレートを時速270km/hのスピードで暴走し続ける。
内側ガードレールに接触して激しい金切り音を響かせ、ただのマシン故障でそのうち停まるだろうと通常通りに1コーナーへ侵入したリジェのジャック・ラフィーと側面衝突した。

2台はもつれるようにコースを飛び出し、キャッチネットを破壊してその先のフェンスに激突。プライスのマシンは全壊した。巻き込まれたラフィーはブレーキを踏む事が出来たため、大事には至らなかった。

おそらく、プライスは何が起こったのかを全く理解できないまま死亡したと思われる。享年28歳。

1977年は大事故がF1では多くあり、その始めとして起きた予想だにできない惨事だった。

トム・プライス

トム・プライス Tom Pryce

本名トーマス・マードウィン・プライス

(イギリス)

▲運命の南アフリカGPのレース前、日傘をさして暑さをしのぐトム・プライス。
どこかのんびりとした雰囲気が漂う。まさか、この数時間後に、彼に悲劇が襲うとは予測できなかった。

トム・プライスは、F1には1974~1977年に42回出走。1975年豪雨のオーストリアで3位表彰台を獲得したのが最高位で、またこの年のイギリスGPで唯一のポールポジションも記録している。

世界選手権では優勝は果たせなかったが、1975年の非選手権F1、ブランズハッチで開催された「レース・オブ・チャンピオンズ」ではPP・ファステスト・そして優勝という金字塔を立てている。それも2位のジョン・ワトソンに30秒以上もの差をつける完全勝利だった

 

 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[