Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1973年 F1アメリカGPで凄惨な死を遂げた、フランソワ・セベール

フランソワ・セベール

フランソワ・セベール

Francois Cevert (フランス)

本名:アルバー・ファンソワ・セベール

1944年2月25日生 ~ 1973年10月6日没 (享年29歳)

F1での主な戦績
1970年 マーチ・フォード 最高位4位
(第5戦オランダGPよりデビュー)
1971年 ティレル・フォード 優勝1回(アメリカGP)
FL1回(ドイツGP)
1972年 ティレル・フォード 最高位2位(2回)
1973年 ティレル・フォード 最高位2位(6回)
FL1回(ベルギーGP)

(左の画像は1973年アメリカGP予選開始直前のもの)

 

1973年10月6日 F1第15戦アメリカGP(ワトキンズグレン)

1973年10月6日、ワトキンズグレンでのF1第15戦(最終戦)アメリカGP。
予選において、フランソワ・セベールはティレル006フォードで出走。
予選4位のタイムを記録した直後にアクシデントはおきた。

直角の第1コーナーからつながる高速S字「エセス」に進入、
しかしオーバースピードから外側ガードレールに接触する。
この時点でフロントのスポーツカー・ノーズが弾け飛びマシンは鋭角に向きを変えると、 反対側のガードレールに向けてフロント部分から突っ込んだ。

ガードレールの支柱に激突したため車体は横転、 さらにこの「支柱」が破壊された事により二枚あるガードレールの上段がめくれ上がる形となり、 セベールを乗せたティレルはその鋭利な器物により車体の左半分を削ぎ落とされた。

ガードレールはコクピット内にも容赦なく侵入し、 セベールは鼠頚部(足の付け根)から鎖骨部分までを縦に切断されて即死した。

享年29歳。

同僚のジャッキー・スチュワートは現場に到達して初めて事故を目撃、
チームメイトの安否を確かめるべく残骸に近寄ったが、付近のマーシャルに執拗に制止される。
それをも掻き分けてスチュワートが見たその光景は、彼の言葉を引用するに凄惨なものだった。

「残骸の中を見たが、彼の姿を判別するのはヘルメットぐらいしかなかった。まるで屠殺場のようで…」

ジャッキー・スチュワートは結局、このレースに出走する事なくF1を引退する。

レースが終わり、ガレージに運び込まれたティレルのマシンの中には、まだセベールの身体の一部分が残っていたという。

ジャッキー・スチュワートは、この事故以前の段階でこのレースを最後に引退し、 フランソワ・セベールがティレルのナンバーワンドライバーとなることがすでに決まっていた。
チームメイトは、ジョディ・シェクターが予定され、まさに順風満帆の中での悲劇だった。

まさにこれからというタイミングでおきた事故により、フランスの若き英雄の未来は奪われてしまった。

もしこの事故が無く、その後も活躍を続けたのなら、セベールはフランス人初の世界チャンピオンとなっていたかもしれない。
しかしフランスはセベールを失い、1985年のアラン・プロストがフランス人初のチャンピオンになるまで待たなければならなかった。


(写真・文章はMOZAさん提供 / 本ページはMOZAさんより提供いただいた文章を元に、管理人キャビン85が加筆・再構成いたしました)

 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[