Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1977年 カナダGP (イアン・アシュレイ)

イアン・アシュレイ

イアン・アシュレイ (アシュリー)
Ian Ashley

イギリス出身

 

予選出走;11回(予選通過:6回)

決勝出走:4回(最高位14位)

1977年 カナダGP(モスポート)

1977年は第12戦オーストリアGPからヘスケス308E・フォードでスポット参戦していたイアン・アシュレイだったが、この当時、予選通過するのがやっとの状態という弱体化が続いていたヘスケスにおいて、スポット参戦の彼にとっては苦しい状態が続いていた。

第12戦から第14戦までは、3戦連続の予選落ちが続く苦しさ。
第15戦アメリカ東GP(ワトキンズ・グレン)では、なんとか予選22位で通過し、自身2度目となる17位完走を果たしていたのだが・・・・・

迎えた第16戦カナダGP。

予選通過に躍起になっていたアシュレイは予選開始早々、大観衆の目の前で派手な事故を起こしてしまう。

ホームストレートで前を行くジャック・ラフィーのリジェに取り付き、外に進路を取って抜こうとしたのだが、丁度そこはややバンク状態になっているコーナーで、うねる路面につかまったマシンは制御できないままコースを飛び出してしまう。

草地に飛び出しマシンは横転、数回転がった末に草地の窪みで大きくジャンプし、コクピット部分がエンジン部分(車体後部)からもぎ取られた。
アシュレイを乗せたコクピットは近くにそびえていたTV塔に激しくぶつかり、下にあった車体後部の上に転落した。

ひどい事故にも関わらず意識ははっきりしていたが、事故の衝撃でフロント部が潰れており、誰の目にも両足を骨折しているという状況が見て取れた。

このため救出が長引き、激痛のため数度アシュレイは気を失っては意識を取り戻したりしている。奇跡的に足を切断するという最悪の事態は免れたが、F1ドライバーを続けていくという道は絶たれてしまった

 

▲救出作業中の事故現場。コクピットのアシュレイが見て取れる

▲クレーンで撤去されるアシュレイのマシン。もはやレーシングカーとしての原型はない。

アシュレイはこの事故により、F1は断念せざるを得なかった。
しかし、スピードへの夢は捨てきれず、後にジェット機のパイロットの資格を得る。
また、BTCCながら、1990年代には再びレース界に復帰した。

が、2001年初頭にヒースロー空港で武器所持容疑で逮捕されるという事件を起こす。
アシュレイは、以後消息を潜めている。2006年現在59歳、再び表舞台に登場する日はくるだろうか。

なお、F1は1974~1977年に4回のみの出走(他5戦の予選落ちと2戦の予選撤退あり)
いずれもスポット参戦的なものだった。
デビューの年の1974年、最後の長距離コースとなったニュルブルクリンクでのドイツGPで、非力なトークンを駆り14位で完走したのが最高位となっている。

(写真・文章提供はMOZAさん。文章の一部はキャビン85が修正いたしました。)

 
 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[