Accident
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年代
2輪
 
アクシデント詳細
1927 速度記録会
1933 モンツァ
1938 ベルント・ローゼマイヤー
1955 アルベルト・アスカリ
1955 ル・マン24時間
1956 ル・マン24時間
1957 ミッレ・ミリア

1958 INDY500

1960 F1ベルギーGP
1961~68 ウイリー・メレス
1964 ドイツGP
1964 INDY500
1967 ロレンツォ・バンディーニ
1969 福沢幸雄
1969 鈴鹿12時間耐久
1970 川合稔
1970 「栄光の・ル・マン」
1971 ブエノスアイレス1000
1973 F1アメリカGP
1973 富士GC
1973 INDY500
1974富士GC Vol.1 Vol.2
1974 F1アメリカGP
1974 ピーター・レブソン
1975 F1スペインGP
1976 F1ドイツGP
1977 F1イギリスGP

1977 F1カナダGP

1977 トム・プライス
1977 F1日本GP

1978 F1イタリアGP

1980 パトリック・デパイエ
1982 ベルギーGP

1982 INDY500

1982 カナダGP
 
 
 

 

 
 
 

 

 

アクシデント ~忘れてはいけない記憶~ 

1974年 F1アメリカGP  (ヘルムート・コイニク)

ヘルムート・コイニク

ヘルムート・コイニク (コイニグ
Helmut Koinigg

オーストリア出身

1948年11月3日生 ~ 1974年10月6日没 (享年25歳)

F1は1974年がデビューとなり、計2回の出走。
前戦カナダGPで10位完走のデビューを果たしたのが最高位となるが、これからの活躍が期待されていた矢先に事故死を遂げた。

1974年10月6日、F1第15戦(最終戦)アメリカGP(ワトキンズグレン

ワトキンズグレンでのアメリカGPにサーティースTS16・フォードで出走。

10周目、バックストレートからループコーナーを越え、 ヘアピンに近いチュート・カーブ(左コーナー)に差し掛かった際、 後部サスペンションに異常が発生し直線的にコースアウトする。

草地と、キャッチフェンスによりいくぶん速度が落ちた状態で、前年のセベールの事故以来改修された「三段」に増やしたガードレールに直角に激突した。

速度は120km/hからさらに減速しており、跳ね返されるというのが周囲の見方だったが、マシンはなんと三段ガードレールの一番下の部分を突き破ってしまう。

歪んだガードレールはまさに凶器であり、マシンはコクピットを含む上部に突き出た部分全てを削ぎ落とされて、奥にもうひとつあるガードレールにぶつかって停止した。

コイニクは車体もろとも首を切断されて即死していた。享年25歳。

サーティースは同僚のジョゼ・ドレムを引き上げさせ、このレースから撤退する。 

▲コイニクの事故現場の写真。

フランソワ・セベールの死からちょうど一年後の事故だった。

 

(画像・資料はMOZAさんより提供いただきました)
 

ご注意

  • 本サイトに掲載している内容は、管理人が書籍やインターネットで確認できた事柄をまとめたもの、および、掲示板を通じて情報提供いただいたものです。間違い等ございましたらご連絡をいただけるとありがたいです。
  • 本サイトに掲載の画像は、掲示板を通じて提供いただいたものです。著作権は、それぞれの著作権者が有しています。万一不都合のある場合はご連絡ください。
 

L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[