T総合OPに戻ります
アクシデント 忘れてはいけない記憶 記憶に残るドライバー達について がんばれニッポン・世界のレースシーンで活躍する日本人を応援 モータースポーツ関連用語解説 Link・管理人のお気に入り 掲示板  
F1 日本国内の主要レース 海外の主要レース F1グッズをはじめ色々とご紹介 BLOG(MotorSports大好き)  
   
 
TOP

用語解説TOPへ
1-0
 
アクシデント(忘れてはいけない記憶)

 

 
 

あ行

モータースポーツ関連用語
「て」
 

 
DFV(でぃーえふぶい)
F1史に残る、エンジンの名称。フォード・コスワース製
1967年に登場し、1985年第9戦ドイツGPで消滅するまで、F1GPシーンを支え続けた。V8・3L・NAエンジンで、長年にわたり、F1エンジンのスタンダードとして君臨した。通算155勝22回のワールドチャンピオン獲得という輝かしい成績もさることながら、誰でもが購入できる市販レース用エンジンとして、F1の歴史を作り続けた実績に敬意を表したい。
なお、名称は「ダブル・フォー・バルブ」の略といわれている。
D1グランプリ
全日本プロドリフト選手権
ドリフトの技術を競うモータースポーツ。
ドリフトとは、後輪もしくは4輪を滑らせながら走る走法。ハンドルは曲がっていく方向とは逆の方向に切れることになり、ドライバーは通常の運転の限界を超えた領域でクルマをコントロールすることになる。
単純ながらも迫力のあるシーンが連発見ていても楽しく、近年人気が高まっている。
公式サイト  http://www.d1gp.co.jp/
   
ティフォッシ
フェラーリの熱狂的なファンのこと
ティレル Tyrell
故ケン・ティレルが創設したF1コンストラクター。
1970年途中からジャッキー・スチュワートを擁して参戦を開始すると、翌71年にはいきなりチャンピオンを獲得。70年代は活躍したが、80年代から資金不足もあり、徐々に下降線をたどる。83年アメリカGPでM.アルボレートの優勝が最後の優勝。
90年代は中嶋悟、片山右京、高木虎之介が所属し、日本のファンも多かった。
また、1976年には6輪車を発表。日本でのF1開催時にはマシンに「たいれる」とひらがなのロゴを表記して話題になった。
1998年限りで、BARに買収され消滅した。
デグナー(カーブ)
鈴鹿サーキットの立体交差手前のカーブの名称。1962年の鈴鹿サーキット完成直後におこなわれた第1回全日本選手権ロードレースで、東ドイツ出身の名ライダー、エルンスト・デグナーが転倒したため、この名で呼ばれるようになった。幾度かの改修を経た現在も、この名で親しまれている。
エルンスト・デグナー Ernst Degner
東ドイツ出身のライダーで、1961年には東独の2サイクル・MZを駆ってチャンピオン争いを展開していたが、この年の終盤スウェーデンGP後にに西側に亡命した。
1962年11月には、竣工なった鈴鹿サーキットでの第1回全日本選手権ロードレースの、50ccレースでトップを独走していたが、現在のデグナーーカーブで転倒した。名手デグナーの転倒により、現在の鈴鹿サーキットにもデグナーカーブとして名前を残している。
テール・トゥ・ノーズ
2台のマシンが、前後に距離無く走っている状態。
前のマシンの一番後ろの部分(テール)と、後ろのマシンの一番先(ノーズ)の部分がぶつかりそうな争いをしている様子
ベルナール・デュド
1960年代からルノーのエンジン開発を担当、プロストGPでもテクニカル・ディレクターを務めた経験を持つルノーのF1活動の「顔」。ターボエンジンの開発などで時代をリードし、近年は他チームと一線を画す、独自の哲学でのエンジン設計が目を引いた
2005年4月1日に引退。
   
ピエール・デュパスキエ Pierre Dupasquier
デュパ爺の愛称で親しまれた、ミシュランのタイヤ・エンジニア。1962年にミシュランに入社し、一貫してレース畑を歩む。ミシュランのモータースポーツ部門を率いて30年以上も一線で活躍した。1970年代後半にF1に参戦した際には、はじめてラジアルタイヤを導入した。F1のみならず、ラリー、ル・マン、ツーリングカー、2輪などのミシュランの活動を総括していたが、2005年限りで定年退職し現場を去った。
最後の2005年には、F1、ル・マン24、WRC,モトGPと世界の主要モータースポーツのタイトルを独占する好成績を残した。
テレメトリー Telemetry
走行中のマシンの状態をピットで計測、分析するためのシステム。このシステムを使って、エンジンの回転数などをHP上で公開しているチームもある。
このシステムをレースに最初に持ち込んだのはホンダのF1チームといわれている。
DTM(ディー・ティー・エム)
ドイツツーリングカー選手権の略称。
世界最強のツーリングカーレースといわれる。高度なマシンが繰り広げる激しいバトルに加えて、近年はアレジ、フレンツェン、ハッキネンといったF1経験者が多く参戦し、人気を集めている。
関連ページ「DTM]
 
 
スポンサー

年収アップした人が65%も世の中にいるヒミツ 
●3年ごとに15万円のボーナスがもらえる女性のためのウレシイ保険
ムダな保険、かけていませんか?「1年組み立て保険」
【JTB】四国のおすすめ旅館・ホテル

初回1,000円割引中!コンタクトをおトクに当日お持帰り☆
自動車保険【アクサダイレクト】 
出会い.forレディース.com

ハッピーメール 
【JTB】スタッフけんさくん 
アイディーオー証券  
 
{広告スペース}
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー