T総合OPに戻ります
アクシデント 忘れてはいけない記憶 記憶に残るドライバー達について がんばれニッポン・世界のレースシーンで活躍する日本人を応援 モータースポーツ関連用語解説 Link・管理人のお気に入り 掲示板  
F1 日本国内の主要レース 海外の主要レース F1グッズをはじめ色々とご紹介 BLOG(MotorSports大好き)  
   
 
TOP
Accidents -忘れてはいけない記憶-TOP
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年〜
2輪での事故
 
 

 
 
 

 

1967年モナコGPに散ったイタリアの英雄
ロレンツォ・バンディーニ

ロレンツォ・バンディーニ
Lorenzo Bandini

F1モナコGPで悲劇の最後を遂げたイタリアの英雄


1967年5月7日、F1モナコグランプリで死亡事故が発生した。

1967年F1世界選手権の第2戦として開催されたモナコGP。
決勝レースも大詰めを迎えようとしていた終盤のことだった。

1961年にF1デビューしたロレンツォ・バンディーニだったが、プライベートチームからの参戦の為、
その力を十分に発揮できること無くいた。
そんなバンディーニがチャンスを得たのは、1963年後半、
フェラーリワークスチームのNo.2ドライバーに抜擢されたのだ。

1964年8月のオーストリアGPでは初優勝を達成。
イタリアの名門フェラーリにのる、イタリア人ドライバーとして、バンディーニに対する期待感はどんどん高まっていく。
最終戦メキシコGPでは、2位を走行していたが、3位にいたジョン・サーティースに順位を譲り、
その結果サーティースは1ポイント差でチャンピオンに輝くという名アシストぶりも見せている。
やがて、バンディーニはフェラーリのNO.1ドライバーとしての地位を確立していく。

1967年、バンディーニはチャンピオンをめざして勝負をかける年だった。

予選では、PPにわずかに届かず2位グリッド。
上位グリッドにはそうそうたる顔ぶれが並んでいる

1

J.ブラバム ブラバム
2 L.バンディーニ フェラーリ
3 J.サーティース ホンダ
4 D.ハルム ブラバム
5 J.クラーク ロータス
6 Ja.スチュワート BRM
7 D.ガーニー イーグル
8 G.ヒル ロータス
9 J.シフェール クーパー
10 B.マクラーレン マクラーレン

決勝レースは100周で争われる。
決勝スタート後、バンディーニは、ブラバムのスピンに巻き込まれて5番手まで順位を落とす。
バンディーニは5番手から優勝をめざして追い上げを計る。トップを行くのはデニス・ハルム。
バンディーニのFJレース時代からのライバルである。

2位を走行するバンディーニはデニス・ハルムと17秒あったタイム差を徐々に詰めていく。
そして、88周目(注1)トンネルの中を高速で駆け抜けたバンディーニは
ヌーベルシケインで突然コントロールを失った。

バンディーニを乗せた真紅のフェラーリは、海沿いの藁束ブロックに激突、
マシンは跳ね飛ばされて、20メートル先にあった街灯に2度目の激突をして左2本のタイヤがちぎれ飛んだ。
さらにマシンはもう一度、近くの街灯に激突し、藁束に乗り上げて横転した。

その瞬間、バンディーニのフェラーリは発火。たちまち漏れたガソリンに引火し、爆発した。
横転したフェラーリからバンディーニは逃げ出すことが出来なかった。
さらには、取材のヘリコプターが接近したため、その巻き起こす風で再度マシンは炎上。
フェラーリから引き出されたバンディーニは、病院に収容されたが3日後の5月10日に死亡した。
享年31歳。

注1:事故は82周目という資料もあるようです

レースは大事故にもかかわらず続行され、デニス・ハルムが初優勝を遂げた。
ハルムは、この年1967年、F1ワールドタイトルを獲得することになる。

この事故をエンツォ・フェラーリは、非常に悲しんだ。
また、イタリアのマスコミは、この事故でヒステリックにフェラーリを非難。
エンツォは、以降自身の車にイタリア人を乗せるのをためらったという。
事実1984年にミケーレ・アルボレートが移籍するまで、
1972〜1973年のアルトゥーロ・メルツァリオを除いて、フェラーリにイタリア人ドライバーが
乗ることは無かった。

F1での記録

F1は1961〜1967年に42回出走し、1964年ツェルトヴェクでのオーストリアGPで唯一の優勝を遂げている。
またポールポジションを1回(66年フランス)、ファステストラップを2回(66年モナコ、同年フランス)記録している。

その他のレースでの活躍

バンディーニはF1以外でのスポーツカーレースでも活躍している。

1963年のル・マン24時間ではルドビコ・スカルフィオッティと組み、Ferrari250Pを駆って優勝。

WSCでの成績は以下の通り。

1961年 ペスカーラ4時間…優勝
1962年 タルガ・フローリオ…2位
1963年 セブリング12時間…2位
1963年 タルガ・フローリオ…2位
1963年 ル・マン24時間…優勝
1963年 トロフィー・ド・オーバーニュ…優勝
1964年 セブリング12時間…3位
1964年 スパ500km…3位
1964年 ル・マン24時間…3位
1964年 ランス12時間…2位
1965年 タルガ・フローリオ…優勝
1965年 ニュルブルクリンク1000km…4位
1966年 セブリング12時間…5位
1966年 ニュルブルクリンク1000km…2位
1967年 デイトナ24時間…優勝
1967年 モンツァ1000km…優勝(モナコの事故の17日前)

ロレンツォ・バンディーニ賞

1994年、F1で顕著な活躍をした若手ドライバーに対してロレンツォ・バンディーニ賞が制定された。
前年の活躍を元に、バンディーニが亡くなったモナコGPにおいて表彰されている

受賞者は以下のとおり。
(2003年は10周年としてベテランのミハエル・シューマッハが受賞)

受賞者

(1992)

イワン・カペリ
(1993) 該当者なし
1995 デイビッド・クルサード
1996 ジャック・ビルヌーブ
1997 ルカ・ディ・モンテゼモロ
1998 ジャンカルロ・フィジケラ
1999 アレクサンダー・ブルツ
2000 ヤルノ・トゥルーリ
2001 ジェンソン・バトン
2002 ファン・パブロ・モントーヤ
2003 ミハエル・シューマッハ  
2004 キミ・ライコネン
2005 フェルナンド・アロンソ
2006 マーク・ウェーバー
2007 フェリペ・マッサ
2008 ロバート・クビサ

 

写真および事故の状況、戦績ははMOZAさんより提供いただきました。
また、事故の状況は「AUTOSPORT No.783」の記事を転載したサイト(現在は閉鎖)を参考に、管理人(キャビン85)が再構成いたしました。

 

 サイト内検索 
 
カスタム検索
 ご注意
  • 本ページに掲載の画像は、掲示板を通じてご提供いただいたものです。画像の著作権はそれぞれの著作者が有しています。万一掲載に不都合が有る場合は掲示板にてご連絡下さい。対応させていただきます。
  • 本ページに掲載の情報は、管理人が書籍や雑誌で確認したもの、インターネット上の情報をまとめたもの、および掲示板を通じて情報提供いただいたものを管理人がまとめたものです。間違いなどがございましたら、ご指摘いただけるとありがたく思います

 

スポンサー

年収アップした人が65%も世の中にいるヒミツ 
●3年ごとに15万円のボーナスがもらえる女性のためのウレシイ保険
ムダな保険、かけていませんか?「1年組み立て保険」
【JTB】四国のおすすめ旅館・ホテル

初回1,000円割引中!コンタクトをおトクに当日お持帰り☆
自動車保険【アクサダイレクト】 
出会い.forレディース.com

ハッピーメール 
【JTB】スタッフけんさくん 
アイディーオー証券  
 
{
 
 
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー