T総合OPに戻ります
アクシデント 忘れてはいけない記憶 記憶に残るドライバー達について がんばれニッポン・世界のレースシーンで活躍する日本人を応援 モータースポーツ関連用語解説 Link・管理人のお気に入り 掲示板  
F1 日本国内の主要レース 海外の主要レース F1グッズをはじめ色々とご紹介 BLOG(MotorSports大好き)  
   
 
TOP
Accidents -忘れてはいけない記憶-TOP
1949年以前
1950年代
1960年代
1970年代
1980年代
1990年代
2000年〜
2輪での事故
 
 

 
 
 

 

1952・53年のF1世界チャンピオンアルベルト・アスカリ
1955年に謎のクラッシュで事故死を遂げた
1955年 テスト中に事故死を遂げたアルベルト・アスカリ
 

アルベルト・アスカリ
Alberto Ascari

イタリア出身
1918年7月13日生 1955年5月26日没(享年36歳)

F1参戦:1950年〜1955年
参戦数:32回
優勝:13回
PP:14回
FL:13回
1952/1953年F1ワールドチャンピオン

1955年5月22日、モナコGPでアスカリはアクシデントに見舞われる。
ランチア D50で参戦、予選2位からスタートしたアスカリだったが、マシンはブレーキ不調の状態で走行を続けていた。
アスカリは海側のシケインで姿勢を乱し、マシンもろとも海に飛び込むダイビング事故を起こす。しかし、幸いにもアスカーリは自力で水面に浮上し軽傷で済んだ。

しかし、そのわずか4日後の5月26日、モンツァでスポーツカーのテストを行なっていた愛弟子のエウジェニオ・キャステロッティから借りたFerrari750Sで試走中、現在のアスカリ・シケインと呼ばれる旧ヴィアローネ・カーブ(当時は緩やかな左コーナー)で原因不明の転覆事故で死亡した。享年36歳。

アルベルト・アスカリに起きた事故は今も謎とされている。

しかし、この事故には一つの逸話がある。
アスカリの事故が起こった直後にパルコ・デ・モンツァの従業員と思われる制服の人物が現場で目撃されていて、
その人物は自殺という行為にその後走るったのである。

その自殺の直前に、彼は教会で懺悔をしアスカリの車の前に飛び出したという顛末を述べたという。
しかし自殺は未遂に終わり、その後精神病院で過ごしたという説・・・・

事実として、アスカリの事故現場には急ブレーキ痕があり、ブレーキを踏んだままハンドルを切った形跡が残っている。アスカリが何かを目撃して回避行動を取ったと思われる状況がうかがえるのである。

あくまでもこれは「説」の一つではあるが、事故原因の一つの有力な事案であると思われる。

(右の画像は、アスカリがドライブしていたFerrari750S。コクピット部分に損傷はありませんが、アスカリはこの車から投げ出された事により致命傷を負いました)

 

 

(本ページの文章および画像はMOZAさんより提供いただきました。文章は管理人キャビン85が一部編集しました)

 サイト内検索 
 
カスタム検索
 ご注意
  • 本ページに掲載の画像は、掲示板を通じてご提供いただいたものです。画像の著作権はそれぞれの著作者が有しています。万一掲載に不都合が有る場合は掲示板にてご連絡下さい。対応させていただきます。
  • 本ページに掲載の情報は、管理人が書籍や雑誌で確認したもの、インターネット上の情報をまとめたもの、および掲示板を通じて情報提供いただいたものを管理人がまとめたものです。間違いなどがございましたら、ご指摘いただけるとありがたく思います

 

スポンサー

年収アップした人が65%も世の中にいるヒミツ 
●3年ごとに15万円のボーナスがもらえる女性のためのウレシイ保険
ムダな保険、かけていませんか?「1年組み立て保険」
【JTB】四国のおすすめ旅館・ホテル

初回1,000円割引中!コンタクトをおトクに当日お持帰り☆
自動車保険【アクサダイレクト】 
出会い.forレディース.com

ハッピーメール 
【JTB】スタッフけんさくん 
アイディーオー証券  
 
{
 
 
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー