T総合OPに戻ります
アクシデント 忘れてはいけない記憶 記憶に残るドライバー達について がんばれニッポン・世界のレースシーンで活躍する日本人を応援 モータースポーツ関連用語解説 Link・管理人のお気に入り 掲示板  
F1 日本国内の主要レース 海外の主要レース F1グッズをはじめ色々とご紹介 BLOG(MotorSports大好き)  
   
 
TOP
がんばれニッポンTOPへ
がんばれニッポン TOP
新井 敏弘
井出 有治
  井出有治F1全成績
井原 慶子
鎌田 卓麻
小林 可夢偉
下田 隼成
奴田原 文雄
平手 晃平
福田 良
武藤 英紀
佐藤 琢磨
佐藤琢磨F1全成績
中嶋 一貴
  中嶋一貴F1全成績
松浦 孝亮
松村 浩之
ロジャー安川
山本 左近
  山本左近F1全成績
吉本 大樹
 
スーパーアグリF1
アクシデント(忘れてはいけない記憶)
 
 
 

日本人最年少としてのF1に登場
山本左近F1・2006年の成績

山本左近 F1全成績 2006年

 
  • 決勝結果の枠内の色は 水色=入賞  黄色=表彰台です  赤色優勝です
  • 予選・決勝の文字色は、チームメイトとの勝敗を表します。
    チームメイトより成績が良い場合は太字の悪い場合は太字の黒、勝敗無しの場合は 細字の黒 です。
 
2006年
チーム(マシン) スーパーアグリフォーミュラ1
(SA06・HONDA)
チームメイト 佐藤琢磨

シーズンの概要

フォーミュラ・ニッポンには、KONDOレーシングから参戦、スーパーGTにはNISMOからの参戦と充実した体制でシーズンに入る。
しかし、井出有治のスーパーライセンス剥奪という事態を受け、井出に変わる存在としてスーパーアグリF1チームへの参加を決める。NISMO、KONDOレーシングとも、気持ちよく送り出された山本左近は、イギリスGPからスーパーアグリF1のサードドライバーとして走り始める。
サードドライバーとして参加した、第8〜11戦)はモンタニーらに対しても遜色のない走りをアピール。チームにも貴重なデータをもたらす。
そして、第12戦ドイツGPからは、モンタニーと入れ替わる形でF1にデビューを果たす。

参戦数
Rd
グランプリ
予選(グリッド)
決勝
備考
8 イギリスGP スーパーアグリF1チームのサードドライバーとして急遽合流。
9 カナダGP サードドライバー
10 アメリカGP サードドライバー
11 フランスGP サードドライバー
1 12 ドイツGP 21(22) リタイア フランク・モンタニーと入れ替わる形で待望のF1デビュー。しかし、フリー走行3回目にはコースアウトクラッシュを喫する。予選はSA05でアタック。決勝ではSA06に乗り換えたためピットスタートとなるが、トラブルからスタートが遅れる。どうにかスタートしたものの、スピードを上げられず、1周したのみでリタイアとなる。
2 13 ハンガリーGP 22(21) リタイア デビュー2戦目は、グリッドからのスタート。しかし1コーナーでブレーキングが遅れエンジンをストール。2戦続きの1周もできずリタイアとなってしまった。
3 14 トルコGP 21(20) リタイア スタート直後の事故をすり抜け、14位までポジションアップ。その後徐々に順位を落とすが快調に巡航する。しかし、24周目の1コーナーで責めすぎてスピン。エンジンがをストr-るさせ完走はならなかった。
4 15 イタリアGP 22(22) リタイア 予選はトラブルにより最下位に沈む。決勝でも油圧計のトラブルから18周でリタイアとなりまたも完走はならなかった。
5 16 中国GP 21(19) 16 初めてのサーキットでレインという難しい状況で迎えた中国GP。徐々に乾いていく路面に18周目にドライに変更したものの2周後にレインに戻す場面も。また、青旗無視によるドライブスルーペナルティを受けたが、最下位ながら初の完走を果たした。
6 17 日本GP 22(22) 17 予選では気負いすぎたのか、スピンからエンジンストール。タイムを記録することなく最下位からのスタートとなる。
決勝では、給油装置のトラブルのから、余分なピットインを余儀なくされたり、スプーンでスピンを喫する場面もあったりしたが、2戦連続の完走を果たした。
7 18 ブラジルGP 21(20) 16 決勝では下位走行ながら、マシンの調子は良く素晴らしいペースを記録。
67周目に記録した1'13.379は全ドライバーの中でも7位に相当するものとなり、最後のレースで成長と可能性を感じさせる結果となった。

山本左近の2006年

出走
ランキング
(獲得ポイント)
決勝最高位
予選最高位(グリッド)
ファステストラップ
7戦
26位(0p)
16位
21位(19番グリッド)
0回

井出有治のスーパーライセンス剥奪という事態を受けて、フォーミュラ・ニッポン参戦中だったがF1への参加を決断。イギリスGPから4戦をサードドライバーとして参加した後、新車SA06の登場とあわせるようにレギュラードライバーに昇格した。
当初は佐藤琢磨のタイムから大きく離され、リタイアも続く苦しい展開となったが、中国GPで初完走を記録した後は3戦連続で完走を果たした。
特にブラジルGPでは素晴らしいラップタイムを記録。その可能性を感じさせた。

 

2007年
チーム(マシン) スパイカーF1 チームメイト エイドリアン・スーティル

シーズンの概要

F1への復帰をめざして、ヨーロッパで活動することを選択、GP2シリーズに、BCNコンペティションチームから参戦する。
シリーズも後半となる頃、スパーイカーF1チームがアルバースを放出、空いたシートに左近にオファーがあり、F1に復帰することとなった。

参戦数
Rd
グランプリ
予選(グリッド)
決勝
備考
8 11 ハンガリーGP 22(22) リタイア アルバースが抜けた後のシートを獲得。久々のF1参戦となったが予選は21位のスーティルから約1秒遅れの最下位、決勝リタイアと厳しい結果に。
9 12 トルコGP 22(20) 20
10 13 イタリアGP 22(22) 20
11 14 ベルギーGP 22(21) 17
12 15 日本GP 22(22) 12
13 16 中国GP 22(22) 17
14 17 ブラジルGP 22(22) リタイア

山本左近の2007年

出走
ランキング
(獲得ポイント)
決勝最高位
予選最高位(グリッド)
ファステストラップ
7戦
----
12位
22位(20位)
0回

 

 
 
スポンサー

年収アップした人が65%も世の中にいるヒミツ 
●3年ごとに15万円のボーナスがもらえる女性のためのウレシイ保険
ムダな保険、かけていませんか?「1年組み立て保険」
【JTB】四国のおすすめ旅館・ホテル

初回1,000円割引中!コンタクトをおトクに当日お持帰り☆
自動車保険【アクサダイレクト】 
出会い.forレディース.com

ハッピーメール 
【JTB】スタッフけんさくん 
アイディーオー証券  
 
{
 
 
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー