フォーミュラ・ニッポン

全日本F3

スーパーGT

 

 

 
 
 
 

Formula NIPPON

シリーズ名称 年度 チャンピオン 所属チーム(マシン) 備考
全日本選手権 フォーミュラ・ニッポン 2009      
2008 松田次生 LAWSON IMPUL 開幕以来6連続PPを記録するなどスピードで圧勝。第7戦第1レースで連覇を決めた。
2007 松田次生 IMPUL 最終戦で木暮卓史(NAKAJIMA)が優勝しチャンピオンと思われたが、レース後の車検で失格となり、シーズン未勝利の松田次生が大逆転でチャンピオンとなった。
2006 ブノワ・トレルイエ IMPUL  
2005 本山 哲 インパル(ローラ・無限)
2004 リチャード・ライアン ダンデライアン (ローラ・無限) 最終戦を迎えてチャンピオン争いはライアン、ロッテラー、井出有治の3人。最終戦終盤には、トレルイエ、井出のインパルの1-2となり、2人の順位を入れ替えれば井出がチャンピオンとなる状況となった。しかし、星野監督はチームオーダーを出すことなく2人のレースを続けさせることを決断。結果として、井出は1ポイント届かずシリーズ3位。ライアンとロッテラーが同ポイントとなり、勝利数の差でライアンがチャンピオンを獲得した。
星野監督は「タイトルは自分の力で勝ち取るもの」という信念を実践、多くのレースファンに大きな感動を残した。
2003 本山 哲 インパル (ローラ・無限)
2002 ラルフ・ファーマン ナカジマ (レイナード・無限)
2001 本山 哲 インパル (レイナード・無限)
2000 高木虎之介 ナカジマ (レイナード・無限) F1から帰ってきた高木虎之介は、貫禄でアット的な強さでチャンピオンを獲得。翌年はアメリカCARTシリーズに挑戦する
1999 トム・コロネル ナカジマ (レイナード・無限)
1998 本山 哲 ルマン (レイナード・無限)
1997 ペドロ・デ・ラ・ロサ ノバ (ローラ・無限)
1996 ラルフ・シューマッハー ルマン (レイナード・無限) F1チャンピオンであるミハエルの弟ラルフは、初代F-NIPPONチャンピオンを獲得すると翌年F1にステップアップを果たす。
全日本F3000選手権 1995 鈴木利男 インパル (ローラ・無限)
1994 マルコ・アピチェッラ 童夢 (童夢・無限)
1993 星野一義 ヒーローズ・レーシング (ローラ・コスワース)
1992 マウロ・マルティニ ノバ (ローラ・無限)
1991 片山右京 ヒーローズ・レーシング (ローラ・無限) 片山右京は、92年より、スポンサーのCABINと共にF1に参戦
1990 星野一義 ヒーローズ・レーシング (ローラ・無限)
1989 小河 等 ステラ (ローラ・無限)
1988 鈴木亜久里 フットワーク (マーチ・ヤマハ)
日本F3000シリーズ 1987 星野一義 レイトンハウス (マーチ・ホンダ)
全日本F2選手権 1986 中嶋悟 ヒーローズ・レーシング (マーチ・ホンダ) 3年連続チャンピオンを獲得した中嶋は翌87年よりロータスホンダに加入し、日本人として初めてF1にフル参戦を果たした。
1985 中嶋悟 ヒーローズ・レーシング (マーチ・ホンダ)
1984 中嶋悟 ヒーローズ・レーシング (マーチ・ホンダ)
1983 ジェフ・リース チーム生沢 (マーチ・ホンダ)
1982 中嶋悟 チーム生沢 (マーチ・ホンダ)
1981 中嶋悟 I&I (マーチ・BMW)
1980 長谷見昌弘 ノバ (マーチ・BMW)
1979 松本恵二 ヒーローズ・レーシング (ノバ・BMW)
1978 星野一義 ヒーローズ・レーシング (ノバ・BMW)
全日本F2000選手権 1977 星野一義 ヒーローズ・レーシング (ノバ・BMW)
1976 高原敬武 高原レーシング (ノバ・BMW)
1975 星野一義 ヒーローズ・レーシング (マーチ・BMW)
1974 高原敬武 高原レーシング(マーチ・BMW)
1973 黒沢元治 ヒーローズ・レーシング(マーチ・BMW)

 


L [PR] J[h @i ]E@XLAbv ^T[o[