T総合OPに戻ります
アクシデント 忘れてはいけない記憶 記憶に残るドライバー達について がんばれニッポン・世界のレースシーンで活躍する日本人を応援 モータースポーツ関連用語解説 Link・管理人のお気に入り 掲示板  
F1 日本国内の主要レース 海外の主要レース F1グッズをはじめ色々とご紹介 BLOG(MotorSports大好き)  
   
 
TOP
記憶に残るドライバー達TOPへ

1,片山右京

2,アイルトン・セナ
3.ナイジェル・マンセル
4.ジャン・アレジ
5.服部尚貴
アクシデント(忘れてはいけない記憶)
 
 

 ウイルスバスター 更新パック ダウンロード版(動) 120*60

片山右京、F1の世界にいどみ、そして負けた・・・
常にフルスロットルで走り、カミカゼと呼ばれた男

片山 右京 (Ukyo KATAYAMA)

 負け、のち全開(フルスロットル)
 
本名 片山右京(かたやま うきょう)
愛称 カミカゼ・ウキョウ   
生年月日

1963年(昭和38年)5月 29日  東京都出身

URL team UKYO.com  http://www.team-ukyo.com/
片山右京F1Blog  http://ukyo-f1.at.webry.info/
主な戦績 1983年 筑波FJ1600B  シリーズチャンピオン
1984年 鈴鹿FJ1600Aクラス シリーズチャンピオン
1985年 全日本F3選手権 シリーズ6位 (長谷見モータースポーツ)
       フォーミュラ・ルノースクールでコースレコードを更新
1986年 フォーミュラ・ルノー・フランス国内選手権  フランスF3選手権
1987年 フランスF3選手権
1988年 全日本F3000(BA-TSU RACING)シリーズ11位
      ル・マン24時(コラージュ・コンペティション)
1989年 全日本F3000(フットワーク)  ヨーロッパF3000(スポットで5戦)
1990年 全日本F3000(ヒーローズ) シリーズ5位
       F1ブラバム・ヤマハのテストドライバー
1991年 全日本F3000(ヒーローズ) シリーズチャンピオン

1992年〜1997年 F1 参戦 (別項参照

 決勝最高位  5位
 予選最高位  5位
 FL    0回
 獲得ポイント  5点

1996年
モンブラン(4,897mフランス)登頂
1997年
マッターホルン(4,477mスイス)
モンテローザ(4,609m・スイス)
ブライトホルン(4,165m・スイス)登頂
1998年 ル・マン24時間(TTE) 9位 キリマンジャロ(5,621m・タンザニア)・エルブルース(5,621m・ロシア)登頂
アコンカグア(6,959m・アルゼンチン)に挑戦
1999年 ル・マン24時間(TTE) 2位 ファステストラップ記録
      全日本GT選手権(トムス) 
2000年 全日本GT選手権(NISMO)
2001年〜02年 全日本GT選手権(セルモwith UKYO) 2001年 
チォーオュー(8201m)登頂
2002年 パリ・ダカール ラリー(総合40位)
      ルマン24時間(ペスカロロ)
エベレストに挑戦するも南峰(8790m)で撤退
2003年 ダカールラリー(アラコ、トヨタランドクルーザー)
      ルマン24時間(MKレーシング)13位
シシャパンマ(中央峰8008m)登頂
2004年 ダカールラリー(アラコ、トヨタランドクルーザー)
      モロッコラリー(トヨタランドクルーザー)
マナスル(8163m)挑戦

2005年 ダカールラリー(TOYOTA AUTO BODY、トヨタランドクルーザー)
      アジアクロスカントリーラリー(大阪トヨタ)総合8位 クラス2

 

片山右京・F1での戦績
マシン 決勝最高位 予選最高位 シリーズランキング(ポイント)
1992年

ヴェンチュリーLC92・ランボルギーニ

9位
11位
-位(0P)
ヴェンチュリー・ラルースチームより、F1参戦。チームメイトはベルトラン・ガショー。
第6戦モナコGPでは予備予選落ちという屈辱を味わうも、第7戦カナダGPでは、決勝で5位まで上がるも、自らのシフトミスによりエンジンブローをおこしリタイアするが、今後に期待を抱かせる。しかし、その後は良いところ無くシーズンを終える
1993年
ティレル020C・ヤマハ
ティレル021・ヤマハ
10位 13位 -位(0P)
かって日本でF1エンジンテストを行ったヤマハ・エンジンを搭載するティレルに移籍。チームメイトはベテラン、A.デ・チェザリス。しかし、マシンの戦闘力は低くそろってノーポイントに終わる。
1994年
ティレル022・ヤマハ 5位 5位 17位(5P)
チームメイトはマーク・ブランデル。
開幕戦ブラジルGPで、33戦目にして5位に入賞、初ポイントを獲得する。
右京はその速さを発揮しだす。第9戦ドイツGP、第10戦ハンガリーGPとタイプの違うサーキットで共に予選5位を獲得。しかし、その好機を、トラブルやアクシデントにより結果に結びつけることができなかった
1995年
ティレル023・ヤマハ 7位 11位 -位(0P)
ティレルのエースとしてシーズンに望むが、マシンは昨年のようには走らず、チームメイトのミカ・サロが安定して成績を残すのに対し、不安定さが目立つ結果に。第13戦ポルトガルGPではスタート直後に大クラッシュをおこし、翌ヨーロッパGPを欠場した。
1996年
ティレル024・ヤマハ 7位 12位 -位(0P)
前年と同様の体制で臨むも、結果につながらず。M.サロが3度の入賞をしたのに対して右京はノーポイントに終わる。
1997年
ミナルディM197・ハート 10位 15位 -位(0P)
ミナルディに移籍。チームメイトはヤルノ.トゥルーリ(第8戦よりプロストGPに移籍)、T.マルケス。
チームのエースとしての期待された移籍だったが、予選ではルーキーのJ.トゥルーリに遅れをとる。
同時に3年連続のノーポイントに終わり、この年限りでF1から引退。

 

片山右京の記憶

片山右京の名を初めて知ったのは、ある雑誌の小さなコラム記事だった。
片山右京という名の青年が、単身フランスに渡りフォーミュラルノースクールを受講。後の世界チャンピオンであるアラン・プロストが持っていたコースレコードを10年ぶりに更新したというものだった。1985年の事だった。
その後、右京はフランスで活動、後にF1で再会するライバル達と激闘を繰り広げることになる。この頃の右京は、クラッシュも多く「カミカゼ・ウキョウ」と呼ばれることになる。

私が彼を再度強く認識したのは、1990年全日本F3000選手権に、CABIN RACING with HEROESよりエントリーしていたときのこと。この年はシリーズランキング5位でしたが、翌91年チャンピオンを獲得すると、スポンサーであるCABINと共に92年よりF1に挑戦することになる。

彼に対する期待は、時に裏切られることが多かった。92年第7戦カナダGPでは、決勝で後り8周の時点で5位まで上がるり初入賞の期待が高まったが、自らのシフトミスによりエンジンブローをおこしリタイア。その後低迷する時期が長かったものの、時に今回はいけるんじゃないか、このまま最後まで完走できれば、と思っていると必ずといっていいほど映し出される、コースサイドにマシンを止めた右京の姿。時にはマシントラブルであったり、時には自らのスピンであったり。

しかし、94年状況は好転しだす。開幕戦ブラジルGPで初の5位入賞をすると、第3戦サンマリノGPでも5位に入賞。(94年サンマリノGPは、あのセナが事故死した悪夢のGPであったが、右京はレース終了後、帰宅途中まで、セナの死亡を知らなかったという。)
第8戦イギリスGPでは、マクラーレンのミカ・ハッキネンを何度も抜いたすえに6位入賞、3位に入賞したハッキネンはレース後に「右京は速い」と言わしめます。それまで、明るいキャラクターでF1の世界で人気を獲得していた右京だったが、F1ドライバーとして速さを認識されたのはこの頃だったかもしれない。

そして、第9戦ドイツGP、第10戦ハンガリーGPと全くタイプの違うサーキットでの連続予選5位獲得。(これは、2004年佐藤琢磨が破るまでの日本人予選最高記録だった。)
このときの右京のマシン、ティレル・ヤマハはお世辞にも格好の良いものではなかった。目立つスポンサーは、JTのマイルドセブンとカルビーのみ。それも大きなスポンサーでは無く、ボディーのほとんどは真っ白。F1マシンでは無く、スポンサーを持たないF3マシンのような印象を与えるティレルで片山右京は駆け抜けたのです。

大きな印象を残した94年だったが結果としては獲得ポイント5点に終わる。予選結果をアクシデントなどで決勝に結びつけられないもどかしさは強く残った。しかし、この年イタリアやイギリスでファンが選ぶベストドライバーに選ばれるなど、ファンには大きく認められた年だった。

この年のストーブリーグでは、ベネトンへの移籍とという話もあったが、結局翌年もティレルに残留することになる。移籍が実現しなかったのは、スポンサーの問題なのか(同じマイルドセブンがスポンサーなので大きな問題は無いと思いますが)ティレルとの契約の問題なのか、ベネトンのNO.2ドライバーとなる事への抵抗なのか、それとも、そういう話自体が具体性を持たないものだったのか私には分からない。しかし「もし」95年にベネトンに移籍していたらどうなったのか見てみたかったとの思いは強い。。

F1を戦いながらも、レーシングスクールでドライブテクニックを学び、常に自らを向上させようと努力していた片山右京。その後は、ル・マンやJGTCに参戦を続けると共に幼い頃からの夢だったという登山活動などを続けている。パリダカにも、ランドクルーザーで市販車無改造クラスに出場するなど幅広く活動を続けている。
今後もウキョウは、様々な活動を通して、夢を見させてくれることだろう。

スポンサー

年収アップした人が65%も世の中にいるヒミツ 
●3年ごとに15万円のボーナスがもらえる女性のためのウレシイ保険
ムダな保険、かけていませんか?「1年組み立て保険」
【JTB】四国のおすすめ旅館・ホテル

初回1,000円割引中!コンタクトをおトクに当日お持帰り☆
自動車保険【アクサダイレクト】 
出会い.forレディース.com

ハッピーメール 
【JTB】スタッフけんさくん 
アイディーオー証券  
 
{広告スペース}
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー