T総合OPに戻ります
アクシデント 忘れてはいけない記憶 記憶に残るドライバー達について がんばれニッポン・世界のレースシーンで活躍する日本人を応援 モータースポーツ関連用語解説 Link・管理人のお気に入り 掲示板  
F1 日本国内の主要レース 海外の主要レース F1グッズをはじめ色々とご紹介 BLOG(MotorSports大好き)  
   
 
TOP
海外モータースポーツTOPへ
WRC(世界ラリー選手権)
2008カレンダー
2007カレンダー

2006カレンダー

歴代チャンピオン
マシン概要
インディカー・チャンプカー
Indy500優勝者(第1回〜50回)
INDY500 優勝者(第51回〜 )
IRL 2007カレンダー
IRL 2006カレンダー
GP2
チャンピオン
  2008年カレンダー
  2007年カレンダー
  2006年カレンダー
2005年カレンダー
GP2アジア 2008
 
A1GP
2006カレンダー
ワールドシリーズbyルノー
DTM(ドイツツーリングカー選手権)
ル・マン24
GPマスターズ
イギリスF3
ユーロF3 2008
  ユーロF3 2007
  ユーロF3 2006
F3 マカオGP
優勝者一覧
2006年リザルト
アクシデント(忘れてはいけない記憶)
 
 

モータースポーツのワールドカップ? A1GP
国別対抗戦で争う、フォーミュラレース

■カレンダー 2005年9月〜2006年4月

月日

サーキット

2005年 9月25日 ブランズ・ハッチ, イギリス
10月9日 ユーロ・スピードウェイ, ドイツ(ラウジッツ)
10月23日,
エストリル・サーキット ポルトガル
11月6日 イースタン・クリーク オーストラリア(シドニー)
11月20日, セパン・インターナショナル・サーキット マレーシア
12月11日
ドバイ・アウトドローモ アラブ首長国連邦
2006年 1月29日 ダーバン
南アフリカ
2月12日 セントゥル・サーキット インドネシア
2月26日 パルケ・フンディドラ・モンテレイ メキシコ
3月12日 ラグナ・セカ アメリカ合衆国(カリフォルニア)
4月2日 上海インターナショナル・サーキット 中国
  • 1月3日(火)、ドバイの首長シェイク・マクトゥーム・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム氏の突然の死去により、喪に服しているA1GPの創設者でもあり会長のシェイク・マクトゥーム氏を含む家族に留意して、2006年1月以降の一部日程が上記のように変更された。(2006年1月12日更新)

■エントリー

Team Driver
Australia ウィル・パワー Will Power クリスチャン・ジョーンズ
Austria マティアス・ラウダ Mathias Lauda
Brazil ネルソン・ピケJr Nelson Piquet Jr ジョアオ・パオrp・デ・オリベイラ
Canada シーン・マッキントッシュ Sean McIntosh
China マー・チンファ Tengyi Jiang ジアン・テンギー
Czech Republic
(チェコ共和国)
ヤン・シャロウズ Jan Charouz
France ニコラス・ラビエール Alexandre Premat
Germany ティモ・シャイダー Timo Scheider エイドリアン・スティル
Great Britain ロビー・カー Robbie Kerr アレックス・ロイド
India カルン・チャンドック Karun Chandhok アルマン・イビラヒム
Indonesia アナンダ・ミッコラ Ananda Mikola
Ireland マイケル・ディバニー Michael Devaney
Italy エンリコ・トカチェッロ Enrico Toccacelo ニノ・ピッコリ
Japan 福田 良  野田英樹 下田隼成
Lebanon カリル・バシール Khalil Beschir バシル・シャバン
Malaysia アレックス・ユーン Alex Yoong ファイルズ・ファウジ
Mexico サルバドール・デュラン Salvador Duran
Netherlands ヨス・フェルスタッペン ギャビン・グロンジェ
New Zealand マット・ハリデイ Matt Halliday ジョニー・レイド
Pakistan アダム・カーン Adam Khan
Portugal アルバロ・バレンテ Alvaro Parente ファン・ウルバノ
Russia アレクセイ・バシリエフ Alexey Vasiliev ニコライ・フォメンコ
South Africa ステファン・シンプソン Stephen Simpson キャビン・クロンジェ
Switzerland ニール・ヤニ Neel Janie
USA スコット・スピード Scott Speed
  • 日本チームのエントリー主催権は野田英樹が所有していたが、第3戦を欠場したため参戦権を取り上げられ、下田隼成が4戦以降参戦することとなった。
  • 第7戦の南アフリカでは、スポンサーがらみということで日本は欠場しました。
スポンサー

年収アップした人が65%も世の中にいるヒミツ 
●3年ごとに15万円のボーナスがもらえる女性のためのウレシイ保険
ムダな保険、かけていませんか?「1年組み立て保険」
【JTB】四国のおすすめ旅館・ホテル

初回1,000円割引中!コンタクトをおトクに当日お持帰り☆
自動車保険【アクサダイレクト】 
出会い.forレディース.com

ハッピーメール 
【JTB】スタッフけんさくん 
アイディーオー証券  
 
 
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー