T総合OPに戻ります
アクシデント 忘れてはいけない記憶 記憶に残るドライバー達について がんばれニッポン・世界のレースシーンで活躍する日本人を応援 モータースポーツ関連用語解説 Link・管理人のお気に入り 掲示板  
F1 日本国内の主要レース 海外の主要レース F1グッズをはじめ色々とご紹介 BLOG(MotorSports大好き)  
   
 
TOP
F1TOPへ
2008カレンダー
チャンピオン一覧
モナコGP優勝者一覧
最遅優勝記録
フェラーリF1マシン名称一覧
スーパーライセンス
2008年ストーブリーグ
2007年ストーブリーグ
2007年カレンダー&リザルト
2005カレンダー&リザルト
2006カレンダー&リザルト
日本のF1レース
優勝・PP・FL一覧
1976 富士
1977 富士
1987 鈴鹿
1988 鈴鹿
1989 鈴鹿
1990 鈴鹿
1991 鈴鹿
1992 鈴鹿
1994 TI英田
1994 鈴鹿
1995 TI英田
1995 鈴鹿
2005 鈴鹿
2006 鈴鹿
2007 富士
アクシデント(忘れてはいけない記憶)
 
 

日本のF1レース 

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

 
 

 

2006年 日本GP(鈴鹿サーキット)
鈴鹿20年目のF1開催。ありがとう鈴鹿!

2006 日本GP(鈴鹿サーキット) 10月 8日決勝

 1987年の初開催から20年目の節目となった鈴鹿サーキットでのF1日本GP。しかし、翌2007年は富士スピードウェイでの日本GP開催が決定し、20年目の2006年でひとまずF1は鈴鹿を去ることが決まっていた。
 イタリアGPでは、7度の世界タイトルを獲得したミハエル・シューマッハが引退を表明。皇帝の日本ラストラン、鈴鹿でのラスト開催、さらにはスーパアグリF1チームの存在もあり、、鈴鹿には多くのファンが詰めかけた。その数は、6日のフリー走行5万7000人、7日の公式予選14万3000人、8日の決勝日には16万1000人と3日間の動員数は36万1000人を記録。日本のF1ブーム絶頂期だった1994年に記録した35万7000人を抜き、期間中の過去最多となった。

 シリーズはアロンソとミハエル・シューマッハが同点で並ぶ、新旧王者の真っ向対決。緊張が走る。 
スタート後、PPからスタートしたマッサをミハエル・シューマッハが2周目でパスすると、2位以下を引き離していく。燃料を軽くして予選で3/4位を獲得したトヨタは早めのピットインでポジションを落としていった。
 2回目のピットインを終えたのはミハエル・シューマッハが35周目の終わり。アロンソの前でコースに戻り、このまま逃げ切るかと思われた瞬間、ミハエルのフェラーリが白煙を噴き上げる。サーキットにはどよめきが起きる中、デグナーを越えたコースサイドにマシンを止めたミハエルを尻目にアロンソが駆け抜けていく。2007年のチャンピオンがほぼ決定した瞬間だった。
 フェラーリがレース中のエンジントラブルでリタイアするのは2001年のアメリカGP(バリチェロがエンジンブローでストップ、記録上は14位扱い)以来、6年ぶり。シューマッハー自身がエンジントラブルでレースを失うのはさらに1年遡る2000年のフランスGP以来という、まさかのエンジンブローだった。
 レースはそのままアロンソが逃げ切り優勝。一方のシューマッハはピットに帰ると、チームクルー達をねぎらう姿が映し出されていた。

 2006年暮れに急遽参戦を発表し、4年前のマシンをベースに参戦するという厳しいシーズンを送ってきたスーパーアグリF1チームだったが、日本のファンは熱烈な応援を展開した。エースの佐藤琢磨とシーズン途中から合流した山本左近の2人のドライバーは、声援に応えるかのように熱走。15位・17位で2台そろって完走を果たした。

 

■ 2006年日本GP(鈴鹿サーキット)決勝

順位 No. ドライバー チーム エンジン トータルタイム 周回
1 1 F.アロンソ ルノー ルノー 1:23'53.413 53
2 6 F.マッサ フェラーリ フェラーリ 1:24'09.564 53
3 2 G.フィジケラ ルノー ルノー 1:24'17.366 53
4 12 J.バトン ホンダF1 ホンダ 1:24'27.514 53
5 3 K.ライコネン マクラーレン メルセデス 1:24'37.009 53
6 8 J.トゥルーリ トヨタ トヨタ 1:24'40.130 53
7 7 R.シューマッハ トヨタ トヨタ 1:24'42.282 53
8 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー BMW 1:25'09.508 53
9 17 R.クビカ BMWザウバー BMW 1:25'10.345 53
10 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ コスワース 1:24'01.311 52
11 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン メルセデス 1:24'06.083 52
12 11 R.バリチェロ ホンダF1 ホンダ 1:24'31.585 52
13 15 R.ドーンボス レッドブル フェラーリ 1:24'53.750 52
14 20 V.リウッツィ トロ・ロッソ コスワース 1:25'07.938 52
15 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI ホンダ 1:25'19.208 52
16 18 T.モンテイロ MF1(ミッドランド) トヨタ 1:24'01.977 51
17 23 山本左近 SUPER AGURI ホンダ 1:24'19.816 50
18 21 S.スピード トロ・ロッソ コスワース 1:19'12.813 48
9 M.ウェーバー ウィリアムズ コスワース DNF 39
5 M.シューマッハ フェラーリ フェラーリ DNF 36
14 D.クルサード レッドブル フェラーリ DNF 35
19 C.アルバース MF1(ミッドランド) トヨタ DNF 20
   アトリエカタログ FEB.

■ 2006年日本GP(鈴鹿サーキット)予選結果

順位 No. ドライバー チーム ベストタイム 周回
1 6 F.マッサ フェラーリ フェラーリ 1'29.599 16
2 5 M.シューマッハ フェラーリ フェラーリ 1'29.711 17
3 7 R.シューマッハ トヨタ トヨタ 1'29.989 19
4 8 J.トゥルーリ トヨタ トヨタ 1'30.039 19
5 1 F.アロンソ ルノー ルノー 1'30.371 16
6 2 G.フィジケラ ルノー ルノー 1'30.599 17
7 12 J.バトン ホンダF1 ホンダ 1'30.992 22
8 11 R.バリチェロ ホンダF1 ホンダ 1'31.478 21
9 16 N.ハイドフェルド BMWザウバー BMW 1'31.513 18
10 10 N.ロズベルグ ウィリアムズ コスワース 1'31.856 22
11 3 K.ライコネン マクラーレン メルセデス 1'30.827 9
12 17 R.クビカ BMWザウバー BMW 1'31.094 8
13 4 P.デ・ラ・ロサ マクラーレン メルセデス 1'31.254 12
14 9 M.ウェーバー ウィリアムズ コスワース 1'31.276 11
15 20 V.リウッツィ トロ・ロッソ コスワース 1'31.943 14
16 19 C.アルバース MF1(ミッドランド) トヨタ 1'33.750 13
17 14 D.クルサード レッドブル フェラーリ 1'32.252 6
18 15 R.ドーンボス レッドブル フェラーリ 1'32.402 7
19 21 S.スピード トロ・ロッソ コスワース 1'32.867 7
20 22 佐藤琢磨 SUPER AGURI ホンダ 1'33.666 6
21 18 T.モンテイロ MF1(ミッドランド) トヨタ 1'33.709 3
22 23 山本左近 SUPER AGURI ホンダ 0'00.000 2

 

 

 

スポンサー

年収アップした人が65%も世の中にいるヒミツ 
●3年ごとに15万円のボーナスがもらえる女性のためのウレシイ保険
ムダな保険、かけていませんか?「1年組み立て保険」
【JTB】四国のおすすめ旅館・ホテル

初回1,000円割引中!コンタクトをおトクに当日お持帰り☆
自動車保険【アクサダイレクト】 
出会い.forレディース.com

ハッピーメール 
【JTB】スタッフけんさくん 
アイディーオー証券  
 
{広告スペース}
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー